*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

過去の罪との決着、香瑩が週を追うごとに美しくなっていくドラマ「エンジェル・ハート」7話の感想

      2016/05/04

今週はのっけからいきなりシリアスでしたね。
山ちゃんたちトリオコントを毎週楽しみにしているのですが、先週は無し。果たして今週は?

今回のXYZは父親を殺された少女から。
その父親を殺したのは・・・。

先週の感想:なんと槇村と冴子が恋人同士だった!?小宮山を応援したくなるドラマ「エンジェル・ハート」6話の感想

20151019_angel-heart-01-02-impression01

 

罪の呵責に苛まされる香瑩

香瑩がレギオンに所属しグラスハートだった時に、最後に暗殺したのが今回の依頼者、夢ちゃんの父親だった。
夢ちゃんからの依頼は、殺された父親のことを調べてほしいという内容だった。

しかし、この夢ちゃんの父親は殺し屋という過去を持っていて、父親を調べる事で父親と組んでいた相棒の殺し屋から命を狙われるようになるのだが、香瑩は夢ちゃんを自分の命と引き換えにしてでも守ろうとする。

孤独の辛さを知っていて、夢ちゃんを孤独にした張本人である自分を責める香瑩が痛々しくて胸が痛くなる。

 

今週はトリオコント復活

待ってました!
相変わらずのどうしょうもなくしょーもないコント。
最後は下ネタまで披露して嵐のように去っていきました。

このトリオ、新宿の王者ターちゃんとか、ワイルドだろぉ~とか、いう事が古いwww

 

 香瑩と夢の父親が似た者同士

夢の父親の殺し屋をしている描写はないが、死に際に「やっと死ねる」と笑ったこと、信宏が序盤で「ドッグウォーカーが殺しの依頼を受け、マッドドッグ(夢ちゃんの父親)が実行する」と言っていたことから、どうやら黒幕はウォーカー。

夢ちゃんの父親は殺しの指示を受けてただ実行していただけ。レギオンに居た時の香瑩と同じだ。

しかも夢ちゃんの父親は赤ん坊を殺せず、その赤ん坊を娘にしてしまう情のある人物。

血の繋がった家族を殺された人物に育てられ、その育ての親を殺された人物に命を救われる。
11歳の少女には辛すぎる現実・・・。

 

ドッグウォーカーの正体

音楽会の時に登場するのだけど、「コイツやな」って感づいてしまう。時間の尺で犯人の目星がついてしまうのはテレビドラマの辛いところです。

最後、夢ちゃん宅に押し入り銃を向けて夢ちゃんとピアノの先生を殺そうとした時にあっさりレギオンに暗殺されるというあっけないやられ方をしてしまう。

今週のレギオンの行動は謎ですね。なんで空の薬きょうをあえて現場に残していったのかがわかりませんでした。香瑩に情が芽生えてきたということか・・・?

 

 夢と向き合う香瑩

最後まで逃げずに自分の罪と、夢ちゃんに対して向き合った香瑩。

自分の生い立ちを夢に打ち明け、仇を討てと自分に銃口を向けさせた香瑩。そこへ獠がやってきて、仇を討つなら俺を撃てと。
殺し屋だった父親と香瑩を重ね合わせ、自分の父親も同じだと泣き崩れる夢ちゃんを見てほとほと不憫に感じてしまった。

「俺は香瑩の父親みたいなもんだからな。」
「香の分まで生きるんだろ?」

今回の件で、はっきりと獠と香瑩の関係が父と娘だと提示された感じがする。
夢が旅立つのを見守った後、獠が香瑩を褒め、泣き崩れる香瑩の頭を父親のように撫でるシーンが印象的でした。

週を追うごとに香瑩が人間らしく魅力的になっていくのが良いですね。
そしてなぜだろう、観るたびに美しくなっていくような気がする。

ビンタする時の表情がたまんなかったっす。しかも2度も拝めるとは。

 

来週のエンジェルハート!

来週は香瑩が誘拐され、獠たちキャッツアイ軍団とレギオンの全面対決になりそうですね。
海坊主迷彩服着てるしwww

7話までで積み上げてきた、獠と香瑩の親子の関係が試されるんでしょうなあ。

そういえば、もう1クール後半戦に入っているんですね。今気づきました。
というか、このまま2クール目、3クール目と続いて欲しいなあ。

8話感想:香瑩が誘拐され、キャッツアイ軍団がレギオンを奇襲するドラマ「エンジェル・ハート」8話の感想

 

 - ドラマ

スポンサーリンク


1番上へ