*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

【実写映画版】進撃の巨人、監督がFacebookの発言で炎上騒ぎ

      2016/05/04

実写版『進撃の巨人』の樋口監督がFacebookでの発言で炎上し、Twitterで謝罪する騒ぎになっていました。

引用:「進撃の巨人」監督、酷評炎上騒動を謝罪 試写状送ったスタッフに怒り – スポニチ SponichiAnnex
リンク切れ

進撃の巨人は、2009年9月9日から別冊少年マガジンで連載され、2013年にはテレビアニメ化され大ブレークしたマンガだ。僕もテレビアニメを観てハマり、原作を後から読んだが、アニメ、マンガ、共に多くの根強いファンを持つ作品である事は間違いない。

 

問題のFacebookでの発言

ツイッターにて友人限定にして投稿したそうです。

20150731_atack_on_titan01

 

僕も愛読しているサイト、「超映画批評」。

 

 

それが、2ちゃんねるでアップされる

樋口監督のFacebookの友人であり裏切り者の907が画像をアップして、友人以外の人にも発言を見られることになる。

20150731_atack_on_titan02

 

 

そして、拡散される

ニュースサイトはブログで取り上げられています。

20150731_atack_on_titan03

 

 

この騒動で思う事

実写映画版『進撃の巨人』の出来がどうあれ、悔しい気持ちもわかるけど、それをデータが残ってしまうSMSで発言しちゃいかんやろ。
そして、実名登録のFacebookとは言え、登録する友人は信用できる相手かどうか考えなければいけないと思う。

 

追記:実写版、進撃の巨人(前編)を観て来ました。炎上を含め色々と話題になっていますが、率直に1本の映画としてどうなのかレビューを書いてみました。

映画レビューはこちら→【新作映画の感想】実写版、進撃の巨人(前編)

 

 - 映画ニュース

スポンサーリンク


1番上へ