*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

ゼルダの伝説BotWプレイ日記10:双子山を超えて双子馬宿へ!野生馬捕獲にチャレンジ!

      2017/06/21

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』プレイ日記第10回目。

始まりの台地で取り逃していた防寒具とマ・オーヌの宝箱を入手した前回。

前回日記:ゼルダの伝説BotWプレイ日記09:パラセールで飛び立つも、やり残しで始まりの台地に引き返す

いよいよ、今回はカカリコ村へ向けてパラセールでハイラルの大地へと飛び立つ。

ハイラルの大地に向けてパラセール

 

赤き月の刻、それは・・・

着陸した場所は、ハイラル宿場町・跡地。回りにはこれと言ってなにもなく敵もいない。ここから右下にあるミニマップに黄色で表示されている目的地のカカリコ村に向かって歩いていく。

ハイラル宿場町・跡地に着地

 

相変わらずゴブが襲ってきたり骸骨が飛び出してきたりするが、基本的には戦わずにカカリコ村を目指す。と、途中で祠を発見!ヴァシ・リャコの祠。きっとここでも謎解きをして、克服の証を手に入れればハートやがんばりゲージを強化できるのだろう。

ヴァシ・リャコの祠

 

だが、しかし!今回は見送る。祠は1回見つけてしまえばマップに記録されるようなので後で攻略する。今はそれよりもストーリーを進めたい。

そう考えて見つける祠を全部無視して先へと急いでいたら、いきなり画面がこの世の終わりみたいな色に染め上げられる。なにこれ怖い・・・。

辺りが恐ろしい雰囲気に

 

もしかして

祠を無視して

進めたから?

 

やばいやばいやばい

引き返して攻略すべき??

 

と、思ったらいきなり「リンク・・・」とゼルダ姫の声が聞こえてくる。

ゼルダ姫から呼びかけられる

赤き月の刻・・・・・・・
それは ガノンの魔力が満ちる刻・・・・・・

 

赤き月の夜

地上をさまよう魔物達の魂が
再び肉体を取り戻してしまうので・・・・・・

 

リンク・・・・・・

気を付けて・・・・・・

 

そう言われて、ゼルダ姫の声が聞こえなくなると何事もなく元の状態に戻ってしまった。いったいなんだったんだ?

 

てっきりゴブたちの

リンチを喰らうと思って

ちびりそうになったわ

 

橋の上のハッシモとガーディアン

ヴァシ・リャコの祠の目の前にある橋を渡っていくとハイラルの大地に来て初めての人と出会う。

なんだか・・・夜を憂いてるみたい。

端を渡るリンク

 

話しかけるとハイラルの各地で次々と地面から塔が生えてきて、寂れていた祠が光り出すようになったとのこと。この状況を見て世も末だと憂いていたらしい。ごめん、それ犯人僕ですわ。

橋の上のハッシモ

[ハッシモ]
アレっていったら ガーディアンのことだろう!
おまえ ハイラルの昔話を知らないのか?

 

またガーディアンのことについても少し情報をくれる。

ガーディアンについてハッシモが教えてくれる

[ハッシモ]
あそこにあるのが 見えるだろ?
壺を ひっくり返したような形のアレだ

 

ハイラル城にはガーディアンがウヨウヨいるとのこと。ジャ・バシフの祠に入ろうとした時に襲ってきた即死レーザービームで即死させられた。いまだ1匹も倒せていない。

ハイラル城に巣くうガーディアン

[ハッシモ]
なんでも ハイラル城の周りには
そんなガーディアンがウヨウヨいるらしい

 

あと、親切にもカカリコ村の行き方も教えてくれる。ハッシモはイイ奴。ありがたひ。

ハッシモにカカリコ村を聞く

[ハッシモ]
カカリコ村なら あっちの方向だ

 

よく見ると双子山のふもと辺りに赤く光る塔がある。あそこの塔に行ってシーカーストーンをセットすればマップ情報をもらえそうなので、まずは塔に行こう。

カカリコ村への道案内

[ハッシモ]
双子山の向こうに 馬宿があるから
そこに着いたら 誰かに道を聞くといい

 

ハッシモ、ありがとう!!

ガーディアンに殺されるなよ!

 

そうして、ハッシモと別れ双子山の塔を目指そうとするも、夜で視界も悪いのでたき火で暇つぶしすることに。運よく橋を渡り切ったところにたき火を発見!!時間を進めて朝にすると・・・

たき火で朝に時間を進める

 

ワロタ、ハッシモがいたwww

目覚めるとハッシモ

 

双子山の塔とシーカーセンサー

朝にしたので、双子山のふもとにある塔を目指す。そしてマップ情報を手に入れたらあの双子山の谷間を抜けてカカリコ村だ。

カカリコ村に向けて出発

 

もう目と鼻の先に塔があるというのに、また青ゴブとの追いかけっこ・・・。いい加減にせーよ!!!

青ゴブとの追いかけっこ

 

武器はすぐに壊れてしまうのと、倒した時の快感度が高いため、戦うときはリモコンバクダンをよく使う。

こんな風にゴブが同じ場所に密集している時は喜んで僕はゴブと戦いに行く。

リモコンバクダンの活躍

 

バクダンを転がせと

言わんばかりの斜面

ロックオン!!

 

 

くらいやがれ

そして派手に散れ!

 

 

ひゃっふぅぅぅううう

リモコンバクダンで大爆発

 

 

ああ、気持ちいい

 

戦利品として「兵士の剣」を拾う。すごい、攻撃力が14もある!!

攻撃力の高い兵士の剣

 

さあ、昼間にゴブと戦っていたせいで日も暮れてきたけど、ようやく塔に到着できそうだ。

双子山の塔まであと少し

 

塔の前まで来ると、なんか花が岩の上に咲いている。なんぞこれ?と思って近づいてみると・・・

塔の前のコログ

 

コログが出てきた。そういえば「始まりの台地」でも1度だけ出会ってて、このキャラに出会うと「コログの実」をもらうことが出来る。このコログの実、なにに使うのかわからない。

コログからアイテムをもらう

[コログ]
ウワッ!見つかっタァ!

 

さあ、ついに到着!双子山の塔!!

到着!双子山の塔

 

双子山の塔によじ登ってシーカーストーンをセット!

シーカーストーンで塔を起動

 

いつも通り周辺のマップ情報が追加される。

ハイラルの大地周辺のマップ情報を追加

 

そして、「シーカーセンサー」というアイテムも追加された。このシーカーセンサーがあれば、祠の近くを通った時にアラームで教えてくれるらしい。祠探しが楽になるアイテムっぽい。便利そう!

シーカーセンサーの追加

シーカーセンサー
試練の祠へと導く
到達していない試練の祠に近づくと 反応を示す
強く反応する方向へ向えば 祠へたどり着ける

 

双子山の谷間を超えて

スーカーセンサーを手にいれて、このまま双子山越えをしようと思ったら、双子山の塔から光の柱みたいなものを発見。

なんだあれ?

塔から見える謎の光

 

早速、塔からパラセールで降りてきて光の元へと向かう。

光に向かって駆け出すリンク

 

光の柱の場所まで行ってみると、なんか黄色いコンペイトウみたいなものが落ちてる。拾ってみると「星のかけら」だった。このアイテムってなんか特別なアイテムなのかな?

アイテム「星のかけら」

星のかけら
空の彼方から落ちてきた 不思議な石のかけら
貴重な物で価値が高そうだが 実は料理の材料
としても使えるのは あまり知られていない

 

どうやら食べられるらしい

やはりコンペイトウだったか

 

さ、この双子山を越えたら馬宿。行くでー!

双子山の谷間

 

この谷間でも相変わらずゴブの集団がいる。リモコンバクダンを駆使してぶっ飛ばし初めての武器「ブーメラン」を入手!僕の大好き飛び道具www

ブーメランをゲット

 

双子山の谷間を抜けたところに「ハユ・ダマの祠」を発見。今はこの祠も後回しにして先に進む。

ハユ・ダマの祠

 

ハッシモに教えてもらった馬宿に到着!!名前通り馬のオブジェがある。わかりやすい。

双子馬宿

 

野生馬を捕まえろ!?

双子馬宿の前に近づいてみるとフッサレンという人物からなにやら、勝負を挑まれる。

2分以内に馬を捕まえろ

[フッサレン]
この「野生馬手なずけ選手権」2位の
フッサレンの記録に挑戦してみますか?

 

野生馬を2分以内に捕まえてこれば僕の勝ちだとのこと。OK、捕まえてやろうじゃないの!!

ミニチャレンジ「野生馬を捕まえて」

 

と、よくわかんないまま双子馬宿を飛び出したはいいものの、野生馬を見つけても逃げてしまって全然捕まえられない。近づくとすぐに走っていくし、上手く近づいたと思っても蹴飛ばされて結局逃げられる。どうやったら手なずけられるんだ。

全然馬を捕まえられない

 

 

くっそーっ!!!

馬に触ることすらできず

タイムアップ

 

 

ミニチャレンジ「野生馬を捕まえて」失敗!

[フッサレン]
はい 時間切れ~
いや~ もうちょっとでしたね~

 

馬に触ることすら出来ていないのに「いや~ もうちょっとでしたね~」とか言われ、なんかバカにされてる気がしてならないんですけど!!

 

馬宿の馬を預ける場所

[タッサレン]
ここでは あなたの所有する馬を預かったり
連れだしたりすることができます

 

どうやら、馬を捕まえて自分の馬にすることができるみたい。ちょっとカカリコ村に行く前に野生馬を捕まえてみようと思う。

 

捕まえた愛馬で

カカリコ村を目指すぞ

 

(つづく)

次の日記:ゼルダの伝説BotWプレイ日記11:野生馬の捕まえ方!今後の旅のパートナーに単色種を狙う!

 - Nintendo Switch

スポンサーリンク


1番上へ