*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

【PS Vita】FF10プレイ日記02:異界送りの時は胸元はノーガード

      2016/05/04

エンディングを迎えるのに今年いっぱいかかるんじゃないかと思うほどのスローペースで進めております。

僕が今なお愛してやまない思い出の傑作ゲーム、FINAL FANTASY Ⅹ
まだ未プレイで、ティーダとユウナがイチャイチャする恋愛RPGだと思っている方がいるのであれば声を大にして言いたい。

「これは、親子の物語だ。」

20150908_vita_screenshot09

アーロン:これは おまえの物語だ

 

次の目的地はキーリカ

さて、前回ビサイドでユウナ、ワッカ、ルールー、キマリと出会いパーティーメンバーに加わり、一同はキーリカの寺院を目指すため船に乗り大海原へ。

前回日記:【PS Vita】FF10プレイ日記01:ルールーの胸元を見守るため旅に出る

船内で早速ルールー姉さんに牽制される。

20150925-ff10-diary002_01

ルールー:ユウナの旅の邪魔をしたら ただじゃ すまないからね

邪魔したい!!

 

で、案の定船上でシンに遭遇して戦闘へ。

20150925-ff10-diary002_02

 

20150925-ff10-diary002_03

 

キーリカで異界送り

この後、キーリカはシンに襲われ多くの被害者が出る。キーリカに到着した召喚士のユウナは村人たちの頼みで、異界送りを始める。

異界送りキター。

何度、学生の時ゲームショップでこのPV観たことか!!!

20150925-ff10-diary002_04

 

20150925-ff10-diary002_05

 

20150925-ff10-diary002_06

 

20150925-ff10-diary002_07

 

PS Vitaでのムービーシーン、まじ綺麗。携帯ゲーム機を舐めてはいけない。これがホントに10年前のゲームなのかと思えてくるくらい没入感がある。もちろん思い出補正があるのは否めないけど。
キーリカのアジアンテイストな村の雰囲気も良い感じ。そういや、FFシリーズでこんな東洋っぽい雰囲気はFFXが初めてのように思う。

 

どさくさに紛れて異界送りの時にバッチリ撮っておいたぜ。このバチ当たりが!!!

20150925-ff10-diary002_08

 

もしもキーリカが日本だったら

しかし、キーリカの村人たちのユウナに対する対応を見ていて、しょーもない事を思ってしまった。

キーリカがシンに襲われる前にユウナたちはシンと一戦交えている。もともとシンはキーリカを目指していたのだから直接的な原因はユウナ達にはないけれど、これが日本だったら・・・。

ユウナ達がシンと戦っていた情報をマスコミが嗅ぎつけ、召喚士様がシンを呼んだと報道し、情報が嘘か本当かもわからんアホ達がツイッターやFacebookで情報を拡散し大炎上。ユウナ達ご一行はスマホを握りしめているキーリカの村人たちに村八分だ。

キーリカが日本でなくて本当に良かった!!!!!

 

キーリカの寺院で味方に付ける新たな召喚獣

異界送りの翌日、森を抜けてキーリカの寺院を目指す。

序盤は全滅とかはないけど、HPがとにかく低いのと防具も全員分の手持ちがないから一人が瀕死によくなる。スフィアレベルが上がったら、その都度マスを進めておくと良さそうだ。スフィア盤の最初の方は進める方向が一本道で選択肢がないので、迷う必要はない。

寺院手前でシンのコケラと戦闘。

20150925-ff10-diary002_09

 

FFXの戦闘シーンはコロコロと視点が変わって面白い。

20150925-ff10-diary002_10

 

寺院の中に入ってみると、懐かしいキャラが。ドナドナド~ナ~ド~ナ~。
召喚士のライバル、ドナ様。このキャラ、嫌な奴なように見えて魅力があるキャラ。こういう素直になれない女性はなんで魅力的に感じるのか。

20150925-ff10-diary002_11

ドナ:勝手にしなさいよっ 行きましょバルテロ

 

ビサイドの時と同じく、試練の間のパズルを解いてイフリートをゲット。

20150925-ff10-diary002_12

 

次の目的地はルカ。
ワッカはプリッツボールの大会をするためにルカに行こうとしているようだが、僕の目的は違う。

20150925-ff10-diary002_13

 

そう、我らがアーロンをパーティーに迎えるためだ。

次の日記:【PS Vita】FF10プレイ日記03:ワッカ引退とアーロン無双による旅の幕開け

 

 - PlayStation Vita ,

スポンサーリンク


1番上へ