*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

【映画の感想】『トランジット』 [原題:Transit] (2012年、アメリカ)

      2017/01/09

絶賛仕事が忙しくてネットカフェにお泊り中のくねおです。

明日の仕事のことを考えたらソッコー寝なければいけないんだけども、ワクワクしてしまって漫画読んだり、むふふな動画を観たりしちゃいます。

今日観たのは「ふらっと動画」で配信されていた映画『トランジット』。不動産詐欺で逮捕されてしまったお父さんが、家族の絆を取り戻すためにキャンプを行こうとして気づいたら強盗グループと追いかけっこする話です。

同じ父親としてこの映画を観ると、このお父さんのあまりの不幸さに同情しちゃいました。

オススメ度:★★★★★★★☆☆☆ ★7点

*★10点が満点。点数は管理人の個人的点数です。異論反論は認めます。
*記事内の見出しに”(以下、ネタバレ)”と書かれているところからネタバレしています。

どんな話なの?

ハラハラドキドキのクライムアクション映画。

不動産詐欺によって逮捕、18か月の服役を終え出所してきた主人公ネイト。彼には妻と2人の息子がいて、家族からの信用と18か月間の服役していた時間を取り戻すため、家族でキャンプへ行くことに。

そんなネイト一家がキャンプ地へ向かう途中、給油所に立ち寄ったのが運の尽きだった・・・。

給油所には昨晩400万ドルを強奪した強盗グループが周囲に張られた検問をどう突破するかの作戦会議が繰り広げられていた!

強盗グループはネイトたちがトイレで用を足している隙に、ネイトの車強奪した400万円積み込みネイト達に運ばせること。

無事警察にもネイト一家にもバレることなく400万は検問突破、ネイト達一家はわけもわからないままに、400万ドルを取り戻そうと必死で追いかけてくる強盗グループたちとの壮大な追いかけっこを繰り広げることになるのだった。

 

話は非常にシンプルでわかりやすく、またテンポが良いため一気に最後まで観てしまった。カーチェイスあり、銃撃戦ありでB級映画だと思って観ていたけど、なかなかに見応えがあった。

しかしながら、ネイトやネイトの奧さんにはちょいちょい首をかしげたくなるような行動に出るのが気になった。ことごとく危険な方向へと突き進んでいく2人を見ていると、息子2人の将来が不安になってくる。

 

感想(以降、ネタバレ)

この映画、観終わって真っ先に思ったことは以下である。

 

ワニはなにもせんのかいッ!!

 

あれだけ冒頭から川の中で動くワニの映像を見せ、また中盤でも何度か出てきているにもかかわらず、結局最後まで目立ったワニの出番なし。なんというフェイク演出!そんなとこフェイクしなくていいよ!!

てっきり強盗のリーダーはワニに喰い殺されるのかと思ってたら、最期非常に地味な死に方をしていた。

 

B級映画だとナメて観ていたけど、あわよくばクソつまんない映画で気づいたら眠りにつけていたらいいなと思っていたけど、スピード感があって、カーチェイスやアクション、銃撃戦などの見せ場も適度に挟まれているため、面白くて最後まで観てしまった。

家族に負い目を感じている父親ネイトの不運っぷりには目を覆いたくなる。

中盤の林道で奧さんに置き去りにされるシーンとかもうひどすぎる。ネイトの奧さんよ、いくらなんでもあそこでネイトを置き去りにするのはありえん行動やで!!昨晩襲われて、途中まで警察に警護されてきてんのにどんだけ危機感ないんだよ!!あんな人気(ひとけ)のないへんぴな場所でなにかあった時息子2人守れんのかよ!たしかにネイトは1回不動産詐欺で逮捕されているとは言え、あの400万ドルを見た時に取るべき言動はおかしすぎるだろ。

間違いなくこの映画のツッコミどころナンバー2はこのシーンの奧さんの行動だ。

あ、ナンバーワンはもちろんワニだからね。

あそこで「このお金はどこで手にいれたの?」ってネイトに聞いていれば、ネイトの言うことに少しでも耳を傾けていればもうちょっとマシな方向へ向かっていたはずなのに・・・。

ちなみに、置き去りにされたあとワニがいて噛まれる危険を冒してまで川に入っていくネイトの行動もよくわからなかった。

 

また、犯人グループたちも間抜けすぎる。

夜中にネイトの奧さんを襲うシーン。男2人だったにも関わらずなんとネイトの奧さんに逃げられている。お前らよく400万強奪出来たなって言いたくなるほどの手際の悪さだ。

その後何度もネイト一家と接触しているのにことごとく取り逃がす。

せっかく強奪したパトカーを大破させられるわ、ネイト1人に3対1の状況で仲間割れしてネイトに逃げられるわ、クライマックスの銃撃戦も人質にとったネイトほったらかしにしちゃうわ、もうツッコミどころ満載な強盗グループたち。

冷徹知的で抜けてるリーダー、超テクイケメンドライバー、頭悪い黒人、なに考えてるかよくわからん女、この4人組の強盗グループはそれぞれ個性的で見ていて面白かったのだけど、4人そろうとダメになっちゃう感じが非常にもどかしい。

リーダーとよくわからん女がデキてるんだけど、女が負傷して、イケメンと黒人がリーダーを裏切り銃を突きつけるシーン、裏切者のイケメン、黒人をのしたうえで、愛人の負傷女をライフルで撃ち殺してしまう。

このシーンはちょっと衝撃的だった。結局は女より金かと思ったね。

 

そしてクライマックス、くどいけどワニは一切登場せず。

ボロボロの木造のロッジでネイト一家 vs 強盗男3人組の戦いになるんだけど、ここにきてロッジに立てこもったネイトの奧さんが一気にたくましくなる。ネイトを置き去りにしてしまったのを挽回するかのごとく奮闘する。

こっからは安定の銃撃戦と肉弾戦のアクションが堪能でき、ネイトとリーダーは激しくも血みどろのに肉弾戦へともつれこむ。ロッジ内で繰り広げられた戦いがロッジの外の水辺の近くまできたところで観ている者は察するだろう。ここでワニの登場なのだと。リーダーが川に突き落とされて喰われるんだろうと。

ところが、なぜか最後は床から突き出ていた釘に頭を叩きつけられリーダーは昇天する。

大事なことなので最後にもう一度だけ言う。

 

だからなんで

ワニ出さないんだよッ!!

 

 

僕が映画を観るのに使っているオススメのサービス

Amazonプライムの登録はこちらから!

hulu の登録はこちらから!

もっと早く買えば良かった!Fire TV StickでレンタルDVD料金を節約!返却の手間も省けて超快適

 

 - 映画の感想

スポンサーリンク


1番上へ