*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

ゼルダの伝説BotWプレイ日記103:【風の神獣編10】魂とご対面!英傑リーバルとの確執の行方・・・

      2018/12/25

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』プレイ日記第103回目。

思っていたよりも簡単に神獣ヴァ・メドーのBOSS、風のカースガノンを倒すことが出来た前回。それもこれもここまで3体の神獣を解放してきた僕のプレイヤースキルの賜物だと自負している。

神獣内では攻撃力が2倍になる『マスターソード』を使って攻略したことと3段階も強化した防具に身を包んでいたことが勝因の9割くらいを占めているということはわかっているけど、ここは僕の実力でクリアできたのだということにしておきたい。

前回日記:ゼルダの伝説BotWプレイ日記102:【風の神獣編9】謎解きクリア!BOSS:風のカースガノン戦!

風のカースガノンにとどめの1撃

 

 

さあ、

ついに英傑リーバルの

お出ましだ!!

 

 

これまでさんざん上から目線でリンクに挑発的なセリフを投げかけて煽ってきたリーバルとの関係性がどうなっているのか期待しまくりんぐ。いったいどんな会話をするのだろうか?

リーバル広場の思い出ではリンクに敵意と不満を剥き出しにしていたが、リーバルがカースガノンに敗れるまでの間にリンクと何かあったのではないか?それによって少し気持ちに変化があったりしたのではないかと勘繰っているのだけど、果たして真相は如何に・・・。

 

 

浄化されたメイン制御端末を起動!!

前回から引き続き風のカースガノンを撃破した直後、メイン制御端末が浄化されオレンジ色に光り始める。

綺麗になった神獣ヴァ・メドーのメイン制御端末

 

 

風のカースガノンの撃破報酬に『ハートの器』を入手し、リンクのハート数は14個になった。『マスターソード』の入手に必要なハート数は13個だったが、『マスターソード』を入手してからは一切ハートを上げずに、がんばりゲージに『克服の証』をささげてきた。

風のカースガノンクリア報酬のハートの器

 

 

いよいよメイン制御端末を起動する。

再度メイン制御端末を起動①

メイン制御装置を起動すると
神獣内部に戻れなくなります

 

 

起動すると神獣内部に戻れなくなると言われるが、内部をくまなく歩きまわって宝箱も全部取ったと思う。もう神獣ヴァ・メドー内になんの未練もない。

再度メイン制御端末を起動②

本当に起動させますか?

 

 

ポチっとな!

 

 

メイン制御端末にシーカーストーンをかざすリンク

 

 

リンクのかざしたシーカーストーンに呼応してメイン制御端末がオレンジ色から青色に変色。

青く発光する神獣ヴァ・メドーのメイン制御端末

 

 

そして、リンクの背後から英傑リーバルの声が聞こえてくる・・・。

英傑リーバルの魂との会話①

[英傑リーバル]
おや 本当に倒しちゃったのかい?

 

英傑リーバルの魂との会話②

[英傑リーバル]
シャクだねえ・・・・・・

 

リト族の英傑リーバル

 

 

相変わらずの

リーバル節

これぞ煽りーバルwww

 

 

英傑リーバルの魂との会話③

[英傑リーバル]
でも まあ・・・・・・
お陰で僕の魂は解放されて このメドーも 取り戻す事が出来た

 

英傑リーバルの魂との会話④

[英傑リーバル]
君にしちゃ 頑張ったんじゃないか?

 

 

助けてやったんだ

お礼言えよwww

 

 

英傑の力『リーバルの猛り(リーバルトルネード)』を習得!

礼の一つもないままに、リーバルは英傑の力をくれてやるとリンクに言い放つ。

英傑リーバルの魂との会話⑤

[英傑リーバル]
御褒美に僕の能力を授けてあげる・・・・・・

 

これまでの3英傑から授かった英傑の力は、冒険の難所をクリアするのに非常に役にたつものばかり。ゲームオーバーを防いでくれる『ミファーの祈り』や、ゲームオーバーに陥れられるような強敵の一撃を無効化してくれる『ダルケルの護り』、さらには逆に相手をゲームオーバーにさせるほどの大ダメージを与えられる『ウルボザの怒り』、とこれまで何度この英傑の力たちになど助けられたことか。

恐らくリーバルから授かる英傑の力もそれと同等なくらい有用な力のはず!

英傑リーバルの魂との会話⑥

[英傑リーバル]
上昇気流を発生させる力!

 

英傑リーバルの魂との会話⑦

[英傑リーバル]
名付けてリーバルの猛り(リーバルトルネード)をね!

 

 

ネーミングが子供っぽい

マグナムトルネードかよ

 

 

リーバルの頭上に英傑の力と思わしき球体が出現。

リーバルから授かる英傑能力①

 

 

リーバルはその球体をリンクに向かって殺す気かと思うほどの勢いで投げつける。

リーバルから授かる英傑能力②

 

 

リーバルの英傑の力『リーバルの猛り』を授かったリンクは体が宙へ浮いて・・・

リーバルから授かる英傑能力③

 

 

上空へと放り出される。なんかリンクの回りに上昇気流が出来てる・・・?

リーバルから授かる英傑能力④

 

 

そして華麗に着地。

リーバルから授かる英傑能力⑤

 

 

なんか・・・

よくわかんないけど

上昇気流を発生させて

その場で大ジャンプできる技?

 

 

で、英傑の力をリンクに授けるや否や、ガノン討伐への本題にあっさり入ってしまう。

英傑リーバルの魂との会話⑧

[英傑リーバル]
これから僕はこのメドーを移動させて ガノンを撃つ準備に入る

 

英傑リーバルの魂との会話⑨

[英傑リーバル]
君がハイラル城で奴と戦う時 助けてあげる為にね

 

英傑リーバルの魂との会話⑩

[英傑リーバル]
感謝してくれよ・・・・・・?

 

英傑リーバルの魂との会話⑪

 

 

リンク&僕「・・・」

 

 

英傑リーバルの魂との会話⑫

[英傑リーバル]
じゃあそろそろ行きなよ・・・・・・

 

 

え・・・

もう終わり???

英傑の力渡して終わりなの?

 

違うでしょ違うでしょー!

もっと身の上話とかさ!

リンクのこととかさ!

 

なんか話してくれよ!!

なんのために必死こいて

神獣解放したんだよ!

 

 

そう、強く思った僕の気持ちが通じたのか消えゆくリンクを前に最後の最後でリーバルがこんなことを言い出す。

英傑リーバルの魂との会話⑬

[英傑リーバル]
まだやる事が残ってるんだろ?

 

英傑リーバルの魂との会話⑮

[英傑リーバル]
あの姫は・・・・・・

 

英傑リーバルの魂との会話⑯

[英傑リーバル]
君をずっと待ってるんだぜ・・・・・・

 

 

不覚にも

グッと来てしまった

もったいぶりやがって・・・

 

 

ガノンに喧嘩を売るリーバルとヴァ・メドー

結局最後までリンクとの関係性は変わらず。リンクを素直に認めることがない英傑リーバルを神獣ヴァ・メドーに取り残して、リンクはリトの村へと飛び立ってしまう。

なんとなく消化不良だけど、これもまたリト村での冒険の一つのエンディングなのだと解釈した。こういう終わり方も嫌いじゃない。

英傑リーバルはリンクと別れるとハイラル城に向けて神獣ヴァ・メドーを動かし始める。

ガノンの居るハイラル城に標準を合わせる神獣ヴァ・メドー①

 

 

そして足を可動させて着陸のモーションへ。てか足こんな風に動くんかいw

ガノンの居るハイラル城に標準を合わせる神獣ヴァ・メドー②

 

 

上空から徐々に降りてくる神獣ヴァ・メドー。

ガノンの居るハイラル城に標準を合わせる神獣ヴァ・メドー③

 

 

そしてどこぞの岩山に着陸する。

ガノンの居るハイラル城に標準を合わせる神獣ヴァ・メドー④

 

 

って、よく見たら・・・

ガノンの居るハイラル城に標準を合わせる神獣ヴァ・メドー⑥

 

 

リト村の塔の上かい

ポキッと

折れそうなんですけど

 

 

そして他の神獣と同じく真っ赤なレーザービームを溜め込んで

ガノンの居るハイラル城に標準を合わせる神獣ヴァ・メドー⑧

 

 

一気にハイラル城に噴射ッ!圧倒的噴射ッ!!

ガノンの居るハイラル城に標準を合わせる神獣ヴァ・メドー⑨

 

 

これでついに4体の神獣からレーザーサイトを当てられてしまったガノン。

神獣を解放する度に口を酸っぱくして言っているが、こんなド派手にレーザーサイトを当てたらいくらなんでもガノンも気づくでしょ。手駒にしたはずの神獣が自分に攻撃しようとしていると。

そう言い続けてついに4体目の神獣も解放。ガノンはよほどアホなのかなんのアクションも起こしてこず・・・。

 

 

おい、ガノン

お前さんの神獣

全部取り返しちまったぞ

 

 

これでヴァ・メドーも臨戦態勢に入り、あとはリンクがハイラル城に乗り込むだけとなったところで英傑リーバルがヴァ・メドーに話しかける。そういや英傑リーバルってリト村の誰とも接点がない。ミファーは父ドレファンのことを語り、ダルケルはユン坊に温かいまなざしを向けていた。ウルボザはゲルド族の誰とも直接的には関わらなかったけど、リンクとゼルダ姫との強い絆を感じられた。

しかし一匹狼のリーバルは・・・

英傑リーバルのリンクへの想い①

[英傑リーバル]
ようし メドー・・・・・・
狙いを定めたね

 

英傑リーバルのリンクへの想い②

[英傑リーバル]
ここからガノンを捉え続けて・・・・・・
あいつが戦う時 奴に強烈な一撃を食らわせるんだ

 

英傑リーバルのリンクへの想い③

[英傑リーバル]
その日まで頑張ってくれよ・・・・・・

 

英傑リーバルのリンクへの想い④

[英傑リーバル]
ま 僕とお前は100年もこの時を待ってたんだ・・・・・・

 

英傑リーバルのリンクへの想い⑤

[英傑リーバル]
後少し位 どうって事ないだろ?

 

 

お前の友達は

ヴァ・メドーだけか?

話し相手は

ヴァ・メドーだけなんか?

 

 

ここのリーバルがヴァ・メドーに語りかけるシーンを見ていると、100年の時の流れというのはあまりにも残酷。100年経てば思いを寄せる親しい者が誰一人として居なくなってしまうのかと、少し切ない気持ちになっていたのだが・・・

英傑リーバルのリンクへの想い⑥

[英傑リーバル]
そろそろ認めるしかないみたいだな・・・・・・

 

 

(。´・ω・)んん?

認めるって何を??

 

 

英傑リーバルのリンクへの想い⑦

[英傑リーバル]
あいつは飛べもしない癖に この神獣にやって来て・・・・・・

 

英傑リーバルのリンクへの想い⑧

[英傑リーバル]
僕には出来なかった事を やり遂げた・・・・・・

 

英傑リーバルのリンクへの想い⑨

[英傑リーバル]
悔しいけど・・・・・・
完敗だ・・・・・・

 

 

なにぃぃぃいいいいいい

あんだけ見栄張ってた癖に

最後の最後で

敗北宣言だと・・・

 

 

英傑リーバルのリンクへの想い⑩

[英傑リーバル]
リンク・・・・・・

 

英傑リーバルのリンクへの想い⑪

[英傑リーバル]
君こそ 僕等の要だ

 

 

ついに名前で呼んだ

リンクを名前で呼んだよ・・・

なんだこのどんでん返し!

 

 

英傑リーバルのリンクへの想い⑫

 

 

これは反則技でしょwww

こんなん言われたら

リーバルのこと

好きになっちゃうじゃん!

 

 

リトの村に帰還!次なる目的地は・・・

こうして、さんざん「煽りーバルwww」とか言って神獣内でリーバルのことを小バカにしていたことに対して、激しい罪悪感を覚えながらリトの村に帰還することになった。

リトの村に帰還するリンク

 

 

リトの村に帰ってくると、先ほどリーバルから授かった英傑の力『英傑リーバルの猛り』を入手する。

英傑能力『英傑リーバルの猛り』を入手

 

 

[X]ボタンを長押ししてジャンプすると『英傑リーバルの猛り』が発動するようで、試してみるかとおもった直後に天の声が聞こえてくる。

四体の神獣解放後のゼルダ姫の声①

[ゼルダ姫の声]
ありがとう・・・ 貴方のおかげで
全ての神獣と 英傑達の魂が解放されました

 

 

こ、この声は!!

ゼルダ姫ッ!!!

 

 

四体の神獣解放後のゼルダ姫の声②

[ゼルダ姫の声]
彼等は待っているでしょう・・・
貴方がハイラル城でガノンと戦うときを・・・

 

四体の神獣解放後のゼルダ姫の声③

[ゼルダ姫の声]
そして・・・

 

四体の神獣解放後のゼルダ姫の声④

[ゼルダ姫の声]
私も・・・
待っています・・・

 

 

そっか・・・

なんだかんだで

4体解放できたんだ・・・

(しみじみ)

 

 

ゼルダ姫の声を聞いてメインチャレンジを確認してみると、まだ『風の神獣 ヴァ・メドー』が完了していないことが判明。最後に族長カーンに報告しにいかなければならないらしい。

メインチャレンジ『風の神獣 ヴァ・メドー』の詳細

風の神獣 ヴァ・メドー

神獣 ヴァ・メドーの奥に巣食う
風のカースガノンを倒した!

そして 神獣 ヴァ・メドーは
リトの村の頂上に鎮座した

テバもリトの村に戻ったようだ
事の顛末を カーンに報告しよう!

 

 

で、メインチャレンジ『四体の神獣を解放せよ』を確認してみると、こっちもまたカカリコ村のインパに報告して完了することになっている。

メインチャレンジ『四体の神獣を解放せよ』の詳細

四体の神獣を解放せよ

ゴロン族 ダルケルの操った 神獣 ヴァ・ルーダニア
リト族 リーバルの操った 神獣 ヴァ・メドー
ゾーラ族 ミファーの操った 神獣 ヴァ・ルッタ
ゲルド族 ウルボザの操った 神獣 ヴァ・ナボリス

神獣に憑りついていたカースガノンを倒し
これら四神獣をすべて取り戻した
インパに報告しに行こう

 

 

とりあえず先に

族長カーンに報告だ!

 

それにしても

リーバルの最後のセリフ

心を鷲掴みにさらたわ・・・

 

 

次の日記:ゼルダの伝説BotWプレイ日記104:【風の神獣編 完結】族長カーンに報告!神獣解放後のリトの村

 

 - Nintendo Switch

スポンサーリンク


1番上へ