*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

ゼルダの伝説BotWプレイ日記133:【ガノン討伐編 完結】ゼルダ姫との再会と感動のエンディング!

      2019/05/22

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』プレイ日記第133回目。

厄災ガノンを倒したらゼルダ姫との100年ぶりの再会を果たし、エンディングが観られるのかと思っていた。しかしまだ厄災ガノンは倒されておらず、憎悪と怨念の権化と化した魔獣ガノンが姿を現した前回。

前回日記:ゼルダの伝説BotWプレイ日記132:【ガノン討伐編12】最後の戦い!魔獣ガノンを光の弓矢で射抜け!

魔獣ガノンとの最後の戦い_08

 

 

王家の白馬の手なずけと自身の弓矢スキルの低さに苦戦しつつも、どうにかこうにか魔獣ガノンのトドメを指すことに成功したのだった。

魔獣ガノンとの最後の戦い_62

 

 

これで全てが終わった

あとはエンディングを

鑑賞するだけだ!!

 

 

魔獣ガノンの撃破とゼルダ姫の降臨

『光の弓矢』で頭の目玉を撃ち抜かれ、雄叫びを上げて苦しむ魔獣ガノン・・・。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-01

 

 

そんな魔獣ガノンの頭部から、黄色い光の玉のようなものが飛び出してくる。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-02

 

 

飛び出した黄色い光は空へと昇っていき・・・

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-03

 

 

その黄色い光の中から・・・なんと・・・

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-04

 

 

おおおおおおおおお

こんな登場のされ方を

なさるのですかァァ!!

 

 

黄色い光の中から飛び出してきたのはなんと我らがゼルダ姫。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-05

 

 

ハイラル城ではなく

まさかガノンの体内に

いらっしゃったとは・・・

 

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-06

 

 

それにしても

ゼルダ姫美しすぎる・・・

100年前より

綺麗なんじゃないか?

 

 

・・・

・・・

 

 

そういや・・・

素朴な疑問だけど

なんでゼルダ姫は

歳取ってないんだ?

 

 

ゼルダ姫の登場で、嬉しさとこの素朴な疑問が一気に押し寄せてきて、あれこれ考えてしまうわけだけど、ゼルダ姫はそんな考えている時間を与えてくれない。黄色い光から飛び出し、スーパーサイヤ人状態で瀕死の魔獣ガノンと対峙するゼルダ姫。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-07

 

 

両の手を合わせて、魔獣ガノンを見つめる・・・。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-08

 

 

すると、ゼルダ姫から激しい光が放たれる。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-09

 

 

ゼルダ姫から発せられる激しい光を嫌がるかのように、魔獣ガノンの中から魂となったガノンが空へと逃げだす。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-11

 

 

上空へと逃げたガノンの魂を見つめるゼルダ姫。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-12

 

 

このゼルダ姫の険しい表情。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-13

 

 

てめえを

ぜってぇ逃がさねえ

 

 

そう言っているような気迫を感じる。たぶんゼルダ姫は本気で怒らせたらマジで怖いタイプの女性だろう。そう直感した。普段優しく大人しい人ほど、怒った時は怖いのだ。

ゼルダ姫の気迫が行動へと移される。上空のガノンの魂に向けて手をかざす。このポーズは最後の『ウツシエの記憶』で見たあのポーズだ。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-14

 

 

ゼルダ姫の手のひらから放たれた光の球体が爆発するかのごとく巨大化していく・・・

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-15

 

 

そしてその光の球体に飲み込まれていくガノンの魂・・・。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-16

 

 

この光の球体の中にガノンの魂を閉じ込めたということなのね。これが『封印の力』か!!

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-17

 

 

そして最後にこの元気玉のような光の球体は一瞬のうちに小さくなって、そのまま消滅してしまった。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-18

 

 

その直後、メインチャレンジ『ガノン討伐』のクリア画面が表示された。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-19

 

 

これにて

メインチャレンジ

『ガノン討伐』を

ようやくクリア!!

 

 

念願のゼルダ姫と100年ぶりの再会

『ガノン討伐』のクリア画面が暗転すると、目の前には再会を恋焦がれたゼルダ姫が佇んでいる。そしてリンクに語りかけてくる。回生の祠で目覚めてからここまでゼルダ姫の声しか聞いておらず、ようやくゼルダ姫のその姿を確認することが出来たのだ。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-20

[ゼルダ姫]
私は・・・・・・
ずっと見守って来ました

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-21

[ゼルダ姫]
貴方の運命も苦難も・・・・・・
戦いも

 

 

ここまでのプレイを

一部始終ゼルダ姫に

見られていたのか・・・

 

嬉しいやら

恥ずかしいやら・・・

見られくない失敗が

山ほどあったけどねw

 

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-22

[ゼルダ姫]
だから私・・・・・・
信じていました

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-23

[ゼルダ姫]
貴方が必ず厄災ガノンを討ち倒してくれると

 

 

そしてリンクに振り向き、リンクに言い放つこの一言。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-24

[ゼルダ姫]
ありがとう リンク

 

 

この一言を聞くために

プレイしてきたんです

この上なく嬉しいお言葉

 

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-25

[ゼルダ姫]
ハイラルの勇者

 

 

こんな表情で

こんなセリフを

言われたら

我がゲーム人生に

一片の悔いなし!

そう言わざるを得ない

 

 

そして、最後にゼルダ姫のこの問いでラストを締めくくられる。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-26

[ゼルダ姫]
私を・・・・・・

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-27

[ゼルダ姫]
覚えていますか?

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-28

 

 

ゼルダ姫とリンクが向かい合い、このタイミングでタイトルコール。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-29

The Legend of Zelda

 

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のエンディング01-30

Breath of the Wild

 

 

やばいwww

最後の姫のセリフ

心臓ズキューンですわ

 

あなたのことを想って

ここまで馳せ参じました

 

僕ならそうお答えする

 

 

スタッフロールから今までの冒険を思い返してみる

最後のゼルダ姫の「私を覚えています?」の興奮に酔いしれている中、スタッフロールが始まる。これはカカリコ村のインパの家ですな。始まりの台地で4つの試練の祠をクリア後、時の神殿跡でハイラル王にカカリコ村を目指すように言われたのが旅の始まりだった。

序盤、ハイラル王の魂に会った時の日記:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記08:冒険の幕開け!ついに明かされる100年の眠りの謎と老人の正体

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール①

 

 

謎の老人の正体がハイラル王だとは知らず、パラセールをクレルクレル詐欺したハイラル王に対してホームレスと罵っていたのが懐かしす・・・。

 

 

あの時の約束通り

娘さんをお救いしました

あの時のご無礼は

お許しください・・・

 

 

その後も試練の祠やリンクが訪れた各地方の写真が表示されるけど、目に留まったものだけ抜粋してこれまでの冒険をサクッと振り返ってみようと思う。

まずはオルディン地方、神獣ヴァ・ルーダニア解放時に知り合ったユン坊。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑤

 

 

ユン坊と言えば、北の廃坑の保管庫から救い出す謎解きに積んだのは印象深い。

ユン坊探しで謎解きに詰まった時の日記:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記41:【炎の神獣編3】シモ・イトセの祠の攻略とユン坊の捜索!

たぶん『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をプレイして初めて先に進めなくなったのがここだった。ユン坊の閉じ込められた保管庫の入り方がまったくわからなかったんすよ。リモコンバクダンで爆破しても壊れないし、保管庫のてっぺんに登っても穴が開いているわけでもないし・・・。

しかし、なんとか試行錯誤して自力で保管庫の開け方が分かった時、あの時の嬉しさは格別だったのを今でも覚えてる。

 

 

これが

ゼルダの謎解きの

面白さかッ!!

って

 

 

まあ、それ以降でマスターソードが抜けなかったり、神獣ヴァ・メドーの謎解きに悩ませたり、詰まることは多々あったけど、それでもここまで攻略本や攻略サイトを頼らずに自分だけの力でクリアしてきた。

たぶん自力でクリアしてこなかったら、こんなプレイ日記を最後まで書けなかったと思う。

こんなプレイ日記を書いてきといて言うのもなんなんですけど、ゼルダの伝説を最大限に楽しみたいなら・・・

 

 

ネット検索しないで

自力でクリアした方がいい

 

 

そう思いました、まる

続いて英傑の1人、神獣ヴァ・ルーダニアの使い手ダルケル。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑦

 

 

ダルケルありがとう!

ダルケルの護りで

厄災ガノンを倒せたぞ!

 

 

そういや、これまで僕の戦い方は敵の攻撃を避けて、その隙に斬るってのが基本の戦法だった。ほぼ盾を使ってガードすることをしなかった。その為、盾サーフィン以外で盾を壊したことがないwww

あとバク転を序盤で教えてもらったけど、これも1度も使うことなく使い方すら忘れてしまっている。

もっと教えてもらったアクションを色々使えば、硬化した厄災ガノンを倒す方法が他にもあったんじゃないかなあと思う。そういう意味ではまだまだこの『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』を十二分には楽しめていない。まだまだ遊べる余地はあるということ。

 

 

つか、

追加ダウンロード

コンテンツ!

やらなきゃ!!

 

 

スタッフロールはオルディン地方からゾーラの里へと移っていく。英傑ミファーの地方ですな。ゾーラの里に写真が写ってから出てくるのが英傑ミファーの弟でありゾーラ族の王子のシド。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑨

 

 

ゾーラの里は、初めて神獣を解放した地だ。アッカレ地方の古代研究所を探していた時にラネールの塔を登り、そこから飛び降りた時にシドと出会ったんだった。

王子シドと初めて会った時の日記:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記23:【水の神獣編1】ラネールの塔とゾーラ族のさわやか王子シド

このシドの決めポーズがめっちゃ笑えたんだよなあ。いや、別にバカにしているとかいうわけじゃなくて、微笑ましくなるというか和むというか、見るとフッと笑顔になってしまう不思議。

このシドでも印象深かったのは神獣ヴァ・ルッタの中に入るために神獣ヴァ・ルッタと水上戦を繰り広げるところ。FFとかドラクエだったらパーティがあって、旅の途中で仲間同士の会話とかがあるんだけど、ゼルダではそれが一切なくただただ独りぼっちで黙々と旅をしなければならない。

ゼルダはそういうものだと思ってたから、1人で旅することになんとも思ってなかったんだけど、神獣ヴァ・ルッタ戦でシドと共闘して思っちゃったんですよ。

 

 

ああ・・・

共に戦ってくれる

仲間っていいな

 

 

ってね。

それ以降の神獣戦では、ユン坊、ルージュ、テバが共闘してくれたけど、初めての神獣戦だったこともあってそのシドと一緒に戦う演出にとんでもなく興奮した。あの水上戦は最高に楽しかったなあ。

そして、ゾーラの里と言ったらミファー。英傑の1人、神獣ヴァ・ルッタの使い手ミファー。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑪

 

 

ゾーラの里に行ってから見せられるリンクとミファーの思い出ムービー。そして神獣解放後の魂となった姿のミファーとの会話。リンクに想いを寄せているのが痛いほどわかるミファーのセリフがあまりにも切なくて、涙を誘われた。

神獣解放後に神獣ヴァ・ルッタの上から父ドレファンを気に掛ける一言にも泣かされた。

 

 

彼女の祈りのおかげで

何度ゲームオーバーを

免れてきたか・・・

 

最もお世話になった

英傑と言っても

過言ではない

 

 

英傑ミファー、神獣ヴァ・ルッタ戦の涙のラスト:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記29:【水の神獣編 完結】BOSSを撃破!感動のミファーとの再会!

 

続いてゲルドの街の族長ルージュ!

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑬

 

 

僕の勝手な独断と偏見により、族長ルージュと英傑ミファー、アッカレ古代研究所のプルアはこのブレスオブザワイルドの中で、ロリコンというカテゴリーの中に含まれているわけですが、この3人の中でもっとも好みの性格なのが族長ルージュ。

族長という立場もあるけれど、子供とは思えない冷静沈着さ。コナン君もびっくりな観察力と洞察力にゾクゾクさせられた。まさか神獣ヴァ・ナボリスの突入戦に族長みずから参戦してくるとは思わなかった。

あの展開もアツかったなあ(しみじみ

神獣ヴァ・ナボリス突入戦:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記66:【雷の神獣編8】族長ルージュ参戦!ヴァ・ナボリス突入戦へ!

神獣ヴァ・ナボリスの動きを止めて、リンクがナボリスに入っていく時に族長ルージュがリンクに神獣解放を託すシーンは今でも忘れられない。ブレスオブザワイルドの中でも名シーン中の名シーンと言ってもいい。

そしてナボリスと言えば、英傑ウルボザ。ゼルダ姫とリンクにとって姉貴のような存在のウルボザ。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑮

 

 

英傑4人の中でもっともゼルダ姫を気にかけていた英傑だ。そしてそのゼルダ姫のお付きの騎士であるリンクにも優しくしてくれたウルボザ。

ここまでプレイして正直なところ、なぜここまでゼルダ姫を気にかけていたのかが謎だった。それは同じ女同士であり、特別な力を持っている同士だからだったのだろうか?英傑ミファーはリンク担当で、英傑ウルボザはゼルダ姫担当ってことだったんだろうか?ここら辺は追加ダウンロードコンテンツで納得のいく描写がされているのかな。

それはさておき、『ダルケルの護り』と同様、ウルボザ姉貴の『ウルボザの怒り』のおかげで厄災ガノンを討伐出来たと言っていいようなもんです。

 

 

この場を借りて

ウルボザ姉貴に

お礼申し上げます

ありがとうございました

 

 

・・・

・・・

 

 

ところで・・・

今ふと思ったんだけど

 

雷鳴の兜はこのまま

借りパクしちゃって

いいんだろうか?

 

 

まあいいや。雷鳴の兜のことはおいといて。次は飛行訓練場で出会ったテバ。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑰

 

 

神獣ヴァ・メドー解放時のバディーだ。

友達想いで、親友のハーツがメドーに怪我をさせられて、何がなんでも仇を討ちに行くと言っていたテバ。リンクと共に神獣ヴァ・メドーと空中戦を繰り広げた末、テバ自身も足に怪我をさせられてしまった。

あの時はリンクの為にメドーの囮となってくれたことで、怪我をしてしまったから飛行訓練場に戻ってしまうのもやむなし、それよりもまさか神獣突入戦で空中戦出来ることに心躍ってた。

しかし今にして思えば、族長カーンや親友のハーツにあれだけ心配されてそれでもなおメドーを1人で倒しに行くって言っておいて、足を怪我したからと言って飛行訓練場に帰っていく姿に・・・

 

 

ちょwww

敵討ちしたかったんじゃ

なかったのかよッ!!

 

 

とちょっとだけ思ってるw

テバと繰り広げた神獣ヴァ・メドー空中戦:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記99:【風の神獣編6】テバと共に突入せよ!神獣ヴァ・メドー空中戦!

 

で、神獣ヴァ・メドーと言えば、この英傑。4人の英傑の中で最も曲者だった英傑リーバル。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール⑲

 

 

リトの村に到着して初めて見たリーバルとの思い出に泡吹きそうになったもんね。まさか仲間だと思ってた英傑リーバルにリンクがめっちゃ嫌われてて、どうしたものかと思っちゃったもん。

神獣ヴァ・メドーを解放することで、英傑リーバルの本心がわかるんだけど、最後の最後まで本心を見せないリーバルにミファーとは違う意味での切なさを感じた。

神獣ヴァ・メドー解放後のリーバルの本心:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記103:【風の神獣編10】魂とご対面!英傑リーバルとの確執の行方・・・

 

 

でもね

あの終わり方は

嫌いではないw

 

 

本人のリンクには伝えないけど、心の中では認めてるぜっていうのは良かったと思う。

 

てか、ここまでずっと神獣突入戦のパートナーになるキャラと英傑ばっかですな。英傑4人達の写真が流れるとスタッフロールはシーカーストーン、シーカータワーが流れてくる。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール㉒

 

 

シーカータワーねえ・・・。

この塔登るのも苦労したよね。最初の方で出てくる塔は登るだけでよかったけど、途中から登るのがどんどん難しくなっていったもんね。中でも一番苦労したのはアッカレの塔だったと思う。まだ、古代兵装装備もマスターソードも持っていない状態でガーディアンに絡まれ、やっとこさ登れたと思ったら落雷でゲームオーバーさせられた。

アッカレの塔で悶絶した日記:
ゼルダの伝説BotWプレイ日記33:アッカレの塔で大苦戦!アッカレ古代研究所はどこや!?

 

って、おおおおおお!!!やっぱりスタッフロールの締めはこのお方だよね。我らがゼルダ姫。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール㉕

 

 

これまでのゼルダシリーズをゲームボーイの『夢見る島』しか知らないのだけど、ゼルダ姫ってこんなに美しくて可愛くて魅力的なキャラだとは思ってなかった。

先ほどのエンディングで、なぜゼルダ姫が100年経っても歳をとってないのか?と書いたけど、そんなの愚問だよね。

 

 

再会できたのが

100歳越えの

ババアだったら

エンディングで

感動できますか?

 

ってことですよ

 

 

一応、ちょっとだけ真面目に歳を取っていない理由を考えてみたけど、たぶんガノンの中に居たからなんだと解釈している。

ガノンの体内で封印の力を使って厄災ガノンが復活した時のまま、これ以上力を増幅させないように抑え続けた方法が時を止めるような力だったんじゃないかと。

そしてそれがはからずも、ゼルダ姫自身にも作用していたのではなかろうかと。

 

 

じゃなきゃ

ババアと再会なんだから

きっとそうでしょ!

 

 

もちろんこれは、ババアとの再会を回避したいがための僕個人の勝手な解釈であります。異論反論は認めます。むしろお答えをお持ちの方は お問い合わせページ かTwitterで是非とも教えてください(笑)

と・・・、スタッフロールの締めはゼルダ姫かと思いきや、なんとマスターソード。確かにゼルダを象徴するワンカットではある。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール㉖

 

 

スタッフロールの一番最後のスタッフにエグゼクティブプロデューサーに故・岩田聡社長の名前が流れてきて感慨深い気持ちに・・・。

このブログを書き始めてまだ間もない時に、岩田社長が亡くなってこんなのを書いてたんだっけ。

岩田社長が亡くなった時に書いたの:
任天堂のゲームは僕の人生の一部

あれからもう4年・・・。社長が変われど今後もゼルダのように、マリオのように子供、大人を問わず多くの人が楽しめるゲームを生み出していってほしい。子供の頃に任天堂ゲームに夢中になった僕も今では親になってしまったが、週末には5歳の娘と一緒に『マリオオデッセイ』を楽しんでいる。ゼルダ姫の次はピーチ姫を救出しなければならない。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのスタッフロール㉗

(スタッフロールの最後の画面)

 

 

ここまでお読みくださった方々へ

これまで133回、2年に渡りこのプレイ日記を書いてきました。

こんなにも長い間、しかも100回以上もゼルダのプレイ日記を書くことになるとは当初思っておりませんでした。しかし、プレイしても楽しい、書いていても楽しい!『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』というソフトの楽しさと面白さのおかげでここまで書いてくることができました。

またもう一つ、プレイ日記を書く大きな原動力になったのは、プレイ日記を読んでくださった方々に頂いた お問合せページ からの応援メッセージでした。このプレイ日記ですが、かなり私個人の主観にまみれており、読んでいただいている方を置いてきぼりにしかねない書き方をしていると自覚しています。それでも熱心に読んでくださる方が多く、書いていて非常に申し訳ない気持ちと嬉しい気持ちの入り乱れた混沌とした気持ちで書いておりました。

ここまで読み続けてくださった方々、本当にありがとうございます。心からお礼もう・・・

 

 

って、

んんんん???

 

 

・・・なんかスタッフロール後にリンクとゼルダ姫が映し出されて、ハイラル城の前に立ってるんですけど!!

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド、スタッフロール後のエンディング_01

 

 

ちょwww

スタッフロール後に

まだ続きあるの???

 

 

次の日記:ゼルダの伝説BotWプレイ日記134:【完結】スタッフロール後に続くエンディングとクリア後の感想

 

 - Nintendo Switch

スポンサーリンク


1番上へ