*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

Amazonアソシエイトの商品表示を簡単にするプラグインAmazonJSの導入手順

      2015/10/09

Amazonアソシエイトの審査も通り、いよいよサイトにAmazon貼れるようになりました。

しかし、よくよく考えたら毎回トラッキングコードをコピペして貼りつけるのは手間がかかります。”AmazonJS”という手軽にAmazonアソシエイトが出来るプラグインがあるのでそちらを導入します。いつも通りの手順をまとめた備忘録です。

今回の作業は、Amazonアソシエイトの申し込みと審査を終えた上での作業となりますので、まだの方は以下のページをご確認ください。

過去記事:Amazonアソシエイトの申し込み手順と支払い設定(審査有り)

 

AmazonJSの導入手順

プラグインのインストール

ダッシュボード左メニュー → プラグイン → 新規追加で”AmazonJS”を検索してインストールします。

20150806_amazon_js01

 

インストールしたら”プラグインを有効化”をクリックします。

20150806_amazon_js02

 

左メニューの設定 → “AmazonJS”をクリックします。

20150806_amazon_js03

 

そうすると、いきなり警告が出てきます。
WordPressのフォルダ内にキャッシュフォルダを作っていませんよ。ということですね。
作ります。

20150806_amazon_js04

 

 

FTPソフトで”cacheフォルダ”と”amazonjsフォルダ”を作成する

FTPソフトで”wp-contentフォルダ”内に”cacheフォルダ”を作成します。

20150806_amazon_js05

 

さらに、作成した”cacheフォルダ”内に”amazonjsフォルダ”を・・・・

あれ??
勝手に”amazonjsフォルダ”が出来てる・・・。

20150806_amazon_js06

ま、いっか。
なければ作るって事でお願いします。

次に、amazonjsフォルダを右クリックして”属性変更”をクリックします。

20150806_amazon_js07

 

現在の属性を”777″に書き換えて、”OK”ボタンを押します。

20150806_amazon_js08

 

 

Amazon Product Advertising API アカウントの取得

以下のサイトにアクセスして”アカウント作成”をクリックします。

Product Advertising API

20150806_amazon_js09

 

一つ注意点なのですが、これから取得するAmazon Product Advertising APIのアカウントは、普段買い物で使ったり、Amazonアソシエイトで使用するアカウントとは全くの別物です。
ですので、Amazon Product Advertising APIに見覚えがないのであれば、新規取得になるはずです。

新規取得の場合は、赤枠にメールアドレスを入力し、”I am a new customer”を選択します。
もし既に、アカウントを持っている場合は、赤枠に既存アカウントのメールアドレスを入力し、”I am a returning customer, and my password is:”を選択してパスワードを入力します。

入力が終わったら”Sign in using our server”ボタンをクリックします。

20150806_amazon_js10

 

 

以下の赤枠を入力します。

20150806_amazon_js11

New to Amazon.com? Register Below.
My name is: 氏名を入力します。(例)Hiroshi Abe
My e-mail address is: E-mailを入力します
Type it again: 確認のため、再度E-mailを入力します
Protect your information with a passwprd
Enter a new password: パスワードを入力します。
Type it again: 確認のため、再度パスワードを入力します

入力が終わったら、”Create account”ボタンをクリックします。

 

次に、アカウント情報を入力していきます。
英語で書かなければいけないのが厄介です。
住所を英語に直すのに便利なサイトはこちら

20150806_amazon_js12

 Address Line 1  市町村以降番地まで
 Address Line 2  建物名等
 City  市町村
 State, Province or Region  都道府県
 Zip or Postal Code  郵便番号
 Country  国。デフォルトで日本になっています。
 Phone Number  電話番号
 Company Name  会社名。空欄で構いません。
 Website URL  サイトURL
 Website or Applivation Description  サイトの説明文

 

さらに下にスクロールして、赤枠チェックボックスにチェックを入れ、ロボットじゃありませんよ認証で赤枠内に表示されているアルファベットを入力します。

20150806_amazon_js13

入力が終わったら、”Complete Registration”ボタンをクリックします。

 

これで、Product Advertising APIのアカウント作成は終わりです。
次にアクセスキー情報が必要になるので、赤枠の”Manage Your Account”をクリックします。

20150806_amazon_js14

 

 

アクセスキー情報の取得

AmazonJSをWordPressと紐付けするのに”アクセスキー ID”と”シークレットアクセスキー”が必要になります。この2つは非常に大切なものです。絶対に他人には教えてはいけません。

先ほどの続きで”Manage Your Account”をクリックすると以下の画面が表示されます。
“こちらのリンク”をクリックします。

20150806_amazon_js15

 

再度、サインインを求められるので、作成したアカウントのメールアドレスを入力します。
“I am a returning user and my password is:”をチェックして、パスワードを入力します。
入力したら”Sign in using our secure server”をクリックします。

20150806_amazon_js16

 

“セキュリティ認証情報に進む”をクリックします。

20150806_amazon_js17

 

 

“アクセスキー(アクセスキーIDとシークレットアクセスキー)”をクリックします。

20150806_amazon_js18

 

 

“新しいアクセスキーの作成”をクリックします。

20150806_amazon_js19

 

下のように表示されればアクセスキー情報の取得は成功です。
“アクセスキーを表示”をクリックすれば、アクセスキーIDとシークレットアクセスキーがプルダウンして表示されます。次の手順でコピペするので、ブラウザはそのままにしておきます。

20150806_amazon_js20

 

 

取得したアクセスキー情報をWordPressに紐付けする

再び、WordPressダッシュボードの設定 → AmazonJS に戻ります。
先ほどの、キャッシュフォルダを作るように警告が表示されているようであれば、再度左メニューの設定 → AmazonJS をクリックして下さい。
そして以下のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの欄に作成したものをコピペします。

20150806_amazon_js21

 

下にスクロールして、”Amazon.co.jp”にアソシエイトIDを入力します。
アソシエイトを申し込んだ際に、発行されたIDです。

20150806_amazon_js22

 

入力したら、最後に”変更を保存”ボタンをクリックします。

20150806_amazon_js23

 

 

以上で、設定完了です。お疲れ様でした。

 

 

さっそく、貼ってみる

投稿画面のビジュアルエディタでAmazonマークが表示されているのでクリックします。

20150806_amazon_js24

 

日本を選択して、目的の商品名を入力して検索ボタンをクリックします。
すると商品の一覧が表示されるので、目的の商品の右横の”選択”ボタンをクリックします。

20150806_amazon_js25

 

 

テンプレートの選択でお好みのものにチェックを入れ、”挿入”ボタンをクリックします。

20150806_amazon_js26

 

このようにショートコードが入ります。

20150806_amazon_js27

 

確認の為に、ページをプレビューしてみます。

20150806_amazon_js28

 

OK!ちゃんと表示されています。

 

長くなりましたが、AmazonJSの設定、貼り付けの手順は以上です。

AmazonJSは設定するのに、Product Advertising APIのアカウント作成、アクセスキー情報の取得、WordPressとの紐付け、と少々手間がかかりますが、1回設定してしまえば、商品選びから貼り付けまでをビジュアルエディタで出来てしまって非常に便利です。Amazonアソシエイターにおすすめのプラグインです。

 

 - ブログ運営 , , , ,

スポンサーリンク


1番上へ