*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

【3DS VC版】ポケモン銀プレイ日記26:ロケット団アジトで女幹部と対決!発電装置を止めろ!

   

チョウジタウンのロケット団アジトにワタルとともに潜入してボスの部屋へ到着、サカキの帰りを待つ忠犬ハチ公ことロケット団幹部を叩きのめした前回。

前回日記:【3DS VC版】ポケモン銀プレイ日記25:チョウジタウンのロケット団地下アジトをワタルと攻略!

いよいよロケット団アジト編も最後の仕上げ、おかしな電波を発生させている装置を止めるところまで来た!・・・・のだが、装置の部屋に入ろうとしたらロケット団2人に呼び止められ、ワタルを交えた2vs2のポケモンバトルを仕掛けられたのだった。

主人公&ワタルvsロケット団2人

サカキさまの るすを あずかる
わたくしが おしえて あげるわ
ロケットだんに はむかうと
どうなるか って ことを!

 

ロケット団の女幹部を倒せ!

四天王の1人であるワタルと共闘なんてなんて、血沸き肉躍る展開なのだと興奮するもバトルが始まってみればただの1vs1のいつものバトル。

僕はこの女幹部を、ワタルさんは女幹部の従えていた下っ端ロケット団員を相手することに。

ロケット団女幹部の戦闘カットイン

ロケットだんいんの かんぶが
しょうぶを しかけてきた!

 

 

てか、逆じゃね?

強さ的に女幹部の相手は

ワタルさんじゃないんすか?

 

 

そんな主人公としてあるまじき消極的なことを想ったのも束の間、女幹部の出してくるポケモンがこれまたレベル20前半と弱い。確かに未進化のポケモンではないものの、なにぶんレベルが低い。

1体目のアーボックはオーダイルの波乗りで撃沈。

ロケット団女幹部のアーボック

オーダイルの
なみのり!

 

2体目のクサイハナは未進化のロコンの火炎放射でワンパン。

ロケット団女幹部のクサイハナ

ロコンの
かえんほうしゃ!

 

3体目のヤミカラスもデンリュウのでんきショックでマットに沈んだ。

ロケット団女幹部のヤミカラス

デンリュウの
でんきショック!

 

女幹部に勝利後にこんなお褒めの言葉を頂くものの・・・

ロケット団女幹部の敗戦コメント

ざんねんね
あなたなら ロケットだんに くれば
かんぶに だって なれるかもよ

 

 

たぶん僕でなくても

誰でも幹部になれるよ・・・

 

 

勝負に負けた女幹部は、あっさり引き下がってくれる。

アジトを捨てるロケット団

まあ いいわ
でんぱの じっけんも
うまく いったようだし
こんな アジト どうなってもいいわ

 

ボスの部屋にいた男幹部があれほどサカキに忠誠を誓って3年間守り続けてきたこのアジトを、この女幹部は「こんなアジトどうなってもいいわ」と吐き捨てる。

いったい、仲間に知らせに言ったあの紫髪の男幹部はどこへ行ってしまったのか?

ロケット団の大きな狙い

わたくしたちの
ねらいは もっと おおきいの
ロケットだんの おそろしさ
いずれ わからせて あげるわよ

 

そして、最後に盛大な伏線を貼って女幹部が去っていく。

電波の実験に成功して、さらに大きな企てを起こそうとしているらしい。これまでの道中で見てきたものでロケット団が狙いそうなものが1つある。

電波、ロケット団、大きな狙い、この3つのキーワードから想像できるものは、そう、コガネシティのラジオ塔だ。

だって、超わかりやすくロケット団がラジオ塔眺めてたもん。

コガネシティのラジオ塔

(ロケット団がラジオ塔を愛おしそうに眺めてた図)

 

 

発電装置のエネルギー源、マルマインを倒せ!

ロケット団が去った後、ワタルと2人きり。

これから発電室に入って電波を止めることになるのだが、その前に。先ほど僕がロケット団2人に絡まれて、あわや2人がかりで相手しなければならない状況になっていた時に、ワタルさんは離れたところから眺めていたらしい。

 

待ち伏せしていたワタル

わるかったね くねおくん
きみが がんばっているのを みて
ちょっと でばんを まってみたのさ

 

 

どんだけヒーロー気質なんだよ

もうワタル主人公でいんじゃね?

 

てか、ワタル主役の

ポケモンプレイしたいわ!!

 

 

そんなお茶目なワタルさんと共に発電装置の部屋へGO!

ワタルとおかしな電波

さて あとは
おかしな でんぱを とめるだけか・・・・・・

 

発電装置の前まで来てみると、どうやらスイッチが見当たらないらしい。

電波を発生させていた装置

これが そうち・・・・・・
スイッチは みあたらないな
しかたない
マルマインを きぜつ させよう

 

いや、そんなはずないでしょ。スイッチ絶対どこかにあるって!と思うものの、考えるを諦めたのかワタルさん、この発電装置に電力を送っているマルマインを気絶させる方法を取りたいと言い出す。

ワタルと協力してマルマインを倒す

くねおくん
はんぶん ずつと いこう

 

ポケモン勝負では今の僕では歯が立たないので、ワタルさんに従うしかない。言われるままに6体いるマルマインのうち、左側の3体を任される。

左側のマルマイン達

 

ビリリダマの進化形、マルマイン。恐らく今後旅を続けていく上で、パーティーメンバーに入れることはないだろう。しかし、せっかくここで出会えるならば捕まえておきたい。チャンスは3回。

マルマインの戦闘カットイン

あ! やせいの
マルマインが とびだしてきた!

 

 

って、このマルマイン

野生のマルマインなんかい

 

ロケット団に室内で

飼い慣らされてたんとちゃうんかい

 

 

1体目は麻痺させて、HPをギリギリ削ったというのにまさかの自爆で取り逃がす。

自爆するマルマイン

てきの マルマインは
じばくした!

 

2体目、3体目は勢い余って倒してしまう・・・。

オーダイルに倒されるマルマイン

てきの マルマインは たおれた!

 

 

クソッタレがあああああ

 

 

なんと不本意な終わり方よ・・・。

ロケット団アジトでの任務完了!

ワタル『ようやく
おかしな でんぱも とまった
これで みずうみも
もとの すがたに もどっただろう
ポケモンに かわって
れいを いうよ!

 

発電装置を止めた後、ワタルさんに礼を言われるもなんとも言えないもどかしい気持ちになる。

 

確かにロケット団のアジトは潰した。

おかしな電波も止めた。

そしてワタルさんに認めてもらえた。

 

しかし、なにかが違う。

これはワタルさんの指示通り、言われるままに動いたから成し得た成果だ。

 

 

RPGの主人公は

こんなんではダメだ

 

 

ゲーム開発者に提示された謎を自分の頭で考えて解いてこその達成感というものだ。たとえ四天王の1人とは言え、こんなNPCの言いなりになって悪の組織を倒してもなにも面白くないよ!

 

 

おい、ワタルさん!

僕に仕切らせてもう一回

ここのアジトを攻略させろ!

 

 

そう思ったものの、ワタルさんが僕の活躍を称えてひでんマシンを渡してくれた。

ひでんマシン06の入手

くねおは
ひでんマシン06を もらった!

 

 

お、おう

今日はこの辺で

勘弁しといてやるよ

 

 

そう、心の底でつぶやいて僕のいきり立つ矛をおさめたのだった。

そして最後にワタルさんは意味深なセリフを言い放ち立ち去っていく・・・。

ワタルの問い

くねおくん!
ポケモンマスターへの
みちは ながく けわしい という・・・・・・
それでも めざすのか?

 

ワタルの問いに対する主人公の答え

・・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・
そうか
そうだよな
あきらめる くらい なら
さいしょ から ゆめ みないよな 

 

ワタルとの別れ

じゃあ また あおう!

 

 

え?

また会おう?

 

 

ってことは、

また出てくるの!?

 

 

(To Be Continued… )

次回日記:近日公開予定

 

 - ニンテンドー3DS

スポンサーリンク


1番上へ