シアーミュージック梅田校の無料体験レッスンに行ってきた!レッスンの内容と受けてみた感想

スポンサーリンク

前回、予約して無料体験レッスンを受ける前に書いたやつの続きです。シアーミュージック梅田校に無料体験レッスンに実際に行ってきました。

前回のやつ:独学の限界、シアーミュージックの無料体験レッスン(エレキギター)を予約してみた!

 

こういったスクールに行くのは、幼稚園の時にスイミングスクールに行った時以来で結構緊張しましたが、感想を一言で言うと・・・

 

 

めっちゃ楽しかった!

 

 

ほぼ独学で今までやってきたから自分の演奏がどれくらい出来ているのか正直わからなかったけど、実際に講師の方に聞いてもらってフィードバックをもらい、どこをどうやって良くするか(修正するか)、こちらの目線に立ってもらってわかりやすく指摘がもらえて目から鱗な体験ができました。

詳細は後述します。

それにしてもシアーミュージック梅田校、Googleマップで調べて行ってみたけど、どこが入り口かちょいと迷いました。

阪急梅田駅からヨドバシカメラのある通りに出て右へ、日本ナレーション演技研究所とワタナベ楽器の間にありました。芝田グランドビルの13階です。

シアーミュージック梅田校の入り口

シアーミュージックの無料体験レッスン申込はこちら

 

1、待合室でアンケート記入

エレベーターで13階に上がり、エレベーターから出て左側にシアーミュージックがありました。待合室に入ると、受付のお姉さんにアンケート記入を促されます。

名前、年齢、住所を書いてアンケートに答えます。

ギターレッスンに対する心持ち、プロになりたいのか?趣味で楽しみたいのか?や、好きなアーティストや弾きたい曲、今日の無料体験レッスンに講師になにを教えてほしいのか?の問いに答えていきました。

なまじギター歴が無駄に長いだけに書くのが少し恥ずかしかったけど、ここは見栄を張ってもしょうがないので、「基本的なギターの弾き方を教えてください」と一見コイツ初心者なんじゃね?って思われるかもしれないことを書いてみました。

 

 

2、体験レッスン

アンケートの記入が終わると、受付のお姉さんにギター講師の方を紹介してもらってレッスンを受けるブース(レッスンする部屋)へ。

ブースにはモニターとイヤホンがあって、生徒と講師でそれぞれ別のブースに入って、モニターとイヤホンでやりとりをしてレッスンを受けます。(コロナ対策)

で、ギターをアンプに繋いでチューニングができたらいよいよレッスンが始まります。

「ギターどれくらいやられてるんですか?」と講師の方に聞かれて、過去に初心者同士でバンドを組んでたこと、ライブ経験はないこと、今は自宅1人でギターを楽しんでいるぼっちギタリストであることを伝えました。講師の方はとてもソフトな感じで優しそう。チューナーを忘れてきた僕に自前のチューナーを貸してくださいました。

すると、講師の方が言い放ちました。

 

 

なんでもいいから

1曲弾いてください

 

 

驚愕の事実

 

 

やばい・・・

楽譜見ないで

弾ける曲なくね?

 

 

考えてみれば、バンド解散してからまともに1曲弾く練習してないじゃないか。最近なに弾いてたかと思い返してみれば、単音弾きでゼルダとかカービィとかポケモンとかゲームミュージックしか弾いてない。

前にバンドで弾いてた曲なんて忘れちゃってる。

ほぼなにも入ってない引き出しを全力で開けまくって絞り出した1曲・・・。

管理人くねお
管理人くねお

先生、アニソンでもいいでしょうか?

先生「全然いいですよー」

 

弾いた曲は「残酷な天使のテーゼ」。。。
↓パワーコードで初心者でも簡単に弾けるってのに釣られて買った教則本に載ってたやつ

 

現状、暗記しててほぼミスらずに1曲通して弾けるのがこれしかなかった。っつっても1番だけだけど・・・。無料体験レッスンなのに、いきなりこんな振りがあるなんて油断してた。

で、 弾き終わった後に先生からフィードバックをもらいます。せっかくレッスンに来たので、先生に「ミュートとか基本的なところも出来ているのかどうか不安です。ガンガン指摘をしてください。」とお願いしました。

 

 

指摘1:ミュートちゃんと出来てるか?

残酷な天使のテーゼで使ってるパワーコードは、5弦6弦を押さえるパワーコードと、4弦5弦を押さえるパワーコードの2つがある。

押さえる弦以外の弦は、音が鳴らないようにミュートしなければならない。5弦6弦のパワーコードの場合は5弦を押さえる薬指を寝かせて4弦に触れるようにしておけば、ミュート出来る。3弦から1弦は6弦を押さえている人差し指を触れさせる。

6弦5弦を使うパワーコード

 

 

4弦5弦のパワーコードは、人差し指で6弦に少しでも触れておけばミュート出来る。

4弦5弦を使うパワーコード

 

 

このミュートが出来ているかどうかを、パワーコードを押さえて6弦から1弦まで1本ずつ弾いて先生と一緒にミュートしなきゃいけない弦から音が鳴っていないかを確認しました。

これはなんとかクリア。

 

 

指摘2:リズムは合ってますか?

今度は先生にスマホのメトロノームを使って、「残酷な天使のテーゼ」が正しいリズムで弾けているかを確認してもらいました。

今までメトロノームを使った練習なんてしたこともなかったし、子供のころから家族から「お前はリズム感がない」と言われていたので、超絶不安を抱きながら演奏してみるも・・・

 

 

無事、

リズムが狂ってた

 

 

コードチェンジの時に半拍ズレているとの指摘を頂戴しました。次のコードに行くまでのコードチェンジの間(単音弾きの場合はピックで弾く手前)に不自然な半拍が生まれてしまっていて、何度か意識して弾いてみるも癖になっている。

 

 

指摘3:指のバタつき

レッスンを始める時、ギターをセッティングして音がちゃんと鳴るか確かめる時に僕がドレミファソラシドを弾いていたのを先生は聞いていたみたいで、今度はドレミファソラシドを弾くように指示される。

2フレットから5フレットを使って単音弾きでドレミファソラシドを弾いてみる。人差し指から小指までの4本を使って弾くこのドレミファソラシド。

そこで先生から「弦を押さえていない時に薬指と小指が立って、指板から離れている」と指摘を受けた。普段、練習前に指を鳴らすためにウォーミングアップで弾いているドレミファソラシド。なーんも考えずに弾いていたけど、先生に言われてその通りだと実感した。

 

 

薬指と小指、

仕事してない時

持ち場を離れすぎてる

 

 

指摘4:単音弾きの時はピックをもっと深く持った方が弾きやすい

そしてもう一つ。ピックをもっと深く持った方が弾きやすいと教えてもらった。実際に先生に言われた通りに、深く持ってドレミファソラシドを弾いてみるとめっちゃ弾きやすいやないか。

ピックを浅く握ってると、弦に触れた時の反動が大きい。単音弾きの時はピックを深く持った方が狙った弦を正確に速く弾けるってことに気づいた。

 

 

ピックの件だけでも

レッスン来た甲斐があった

 

 

マジでそう思った。

リズムが狂うのは、ピックの持ち方、あと弦を押さえる薬指、小指がバタつきの原因を作っていたのだということがわかった。こういうことって1人で練習していたら気づけないよ。

と、ここまでで30分のレッスンが終わってしまった。レッスンが終わって片付けをして、先生と待合室に戻った時に「単音弾きなら、ティアドロップのピックを使ってみるのもいいですよ」とアドバイスをもらいました。先生めっちゃ優しい。

 

 

自分で気づけないところを的確にアドバイスしてくれる

本日の無料体験レッスンはここまで。

その後、シアーミュージックのレッスンの案内を受けて、入会手続きを済ませて当分の間、お世話になることを決めました。

今回は無料体験レッスンということで、講師の方も初対面でまだ僕がシアーミュージックに通うかどうかもわからなかったから、結構探り探りで教えてくださってたのかなと思いました。

とりあえず1曲弾いてどれくらい弾けるのかを確認した上で、「出来てないところの指摘をください」と言った僕の要望に対して、30分の時間の中で出来うる限りで教えてくださったように感じました。

今後シアーミュージックに通って、自分のギターの腕がどれくらい上達できるか楽しみです。

シアーミュージックの無料体験レッスン申込はこちら

学んだこと

・ウォーミングアップのドレミファソラシドは薬指と小指を意識せよ
・メトロノームを使ってリズムを意識しろ
・単音弾きならピックは深めに持て
・余計な弦はなってないか?ミュートを意識せよ

 

次のレッスン:
レッスン1回目:リズムの基本(4ビート8ビート)と単音弾きのピッキングを教わる【シアーミュージック/エレキギター】

タイトルとURLをコピーしました