*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

【iPhoneアプリ】素早く簡単にメモが取れる付箋アプリ『QuickMemo+』が最高に使いやすい

      2016/08/22

現在iPhone6を使っているのですが、前機種iPhone5の時からずっと愛用している付箋アプリの『QuickMemo+』を紹介します。

このアプリ、ちょっとしたメモを取るのにホントに便利。すぐに書いて、いらなくなったらすぐに消せます。

付箋メモ帳! QuickMemo+ (ミニメモ帳/長文メモ帳/TODO/アラーム通知) – flickfrog

*ちなみに、僕はアップグレード版を使っています。

iPhoneアプリ、QuickMemo+の記事アイキャッチ画像

 

簡単な使い方

ホーム画面からQuickMemo+を起動します。

ホーム画面からのQuickMemo+起動

 

QuickMemo+を起動したら画面下の好きな色の付箋をつまんで、画面中央にスワイプします。
デフォルトではノートが「start note」になっています。
ノートについては後述します。

起動したQuickMemo+の画面画像

 

テキスト入力画面が表示されるので、メモを入力します。
入力が終わったら、赤枠のチェックボタンをタップします。

QuickMemo+の付箋入力画面

 

OK!これで付箋を貼り付けれました。

QuickMemo+、付箋メモを貼り付けた画面

 

もちろん1つだけじゃなく、複数貼り付ける事が出来ます。

QuickMemo+、複数枚付箋を貼り付ける

 

作った付箋は自由につまんで好きな位置に配置出来ます。

QuickMemo+、付箋の配置を自由に変える

 

作った付箋を消したくなった時は、つまんで下にスワイプします。
付箋をつまむと画面下にゴミ箱のマークが表示されます。
そのゴミ箱のマークに放り込みます。

QuickMemo+、作った付箋を消す

 

削除の確認ポップアップが表示されるので「はい」をタップします。

QuickMemo+、削除確認ポップアップ

 

画面を右にスワイプすることでページを切り替えることが出来ます。
右にスワイプしてみます。

QuickMemo+画面を右にスワイプ

 

2ページ目が表示されました。

QuickMemo+、2ページ目

 

3ページ目を表示。
全部で10ページあります。

QuickMemo+、3ページ目

 

 

設定の仕方

QuickMemo+を立ち上げた時の画面で空いているスペースを軽くタップすると以下の画面が表示されます。

各種設定、付箋デザイン設定、背景設定

 

歯車アイコンの「各種設定」をタップすると、以下の画面が表示され、文字サイズや、作成日表示など作成する付箋のカスタマイズが出来ます。
また、課金してアップグレードする場合もこの画面から操作できます。

各種設定画面

 

付箋アイコンの「付箋の柄、色設定」をタップすると、以下の画面が表示され、付箋のデザインを変更することが出来ます。さきほどの「各種設定」画面内の「付箋の種類」からもこの画面を表示出来ます。
上部のタブのイメージで付箋の右側の柄を変更することが出来ます。

付箋デザイン設定、イメージ

 

上部タブのカラーをタップすると付箋の右側の色を変更することが出来ます。

付箋デザイン設定、カラー

 

写真のようなアイコンの「背景設定」をタップするとQuickMemo+の背景を変更する画面が表示されます。
さきほどの「各種設定」画面内の「背景」からもこの画面を表示出来ます。

6種類の中から好きなものを選べ、「Photo」をタップするとiPhoneの写真アプリ内「カメラロール」から好きな写真を選択して背景にすることも可能です。ただ、残念ながら、全画面で写真を表示させることは出来ませんでした。

背景設定全6種類

 

ノートで付箋を貼る場所を増やせる

QuickMemo+を起動した時の画面の右下にフォルダのアイコンがあるので、タップします。

QuickMemo+、フォルダアイコンからノート設定へ

 

新しいノートを作成するため、「編集」ボタンをタップします。

編集ボタンをタップ

 

「ノートの追加」をタップします。

ノートの追加をタップ

 

「new note」が表示されるので、任意の名前を付けるため「new note」をタップします。

new noteをタップして名前を変更

 

任意の名前を入力して「完了」ボタンをタップします。

適当に名前を付ける

 

OK!名前が変わりましたね。最後に「完了」ボタンをタップします。

最後に完了ボタンをタップ

 

「欲しいものリスト」という名前のノートが作成できました。「戻る」ボタンをタップして付箋貼り付け画面に戻ります。

戻るボタンをタップして付箋貼り付け画面へ

 

新しいノートなので、先ほどの「start note」に貼りつけていた付箋は表示されません。

欲しいものリスト画面

 

また新たに付箋を貼っていけます。

くねおの欲しいものリスト

 

以上、簡単な使い方の紹介でした。

 

QuickMemo+はとにかく簡単で使いやすい

この記事を書いていて、文章を読まずとも、スクリーンショットだけで操作方法がわかるんじゃないかと思えるほど、直感的で簡単にメモが取れる付箋アプリ『QuickMemo+』。

是非お試しあれ!なオススメアプリです。

ToDoリストとしても、思いついたアイデアのメモにも、買い物リストにも!幅広く使えますし、ノートを利用すれば複数の用途にも利用できます。

 - iPhoneアプリ ,

スポンサーリンク


1番上へ