*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記38:セキエイ高原の警備員さんとチャンピオンロード入場

      2016/09/21

前回、白熱のバトルを繰り広げたライバルの後を追うように、ついにやってきましたセキエイ高原ポケモンリーグ本部!!

このでっかい建物がそのポケモンリーグ本部。

前回日記:【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記37:ロケット団解散とポケモンリーグ直前のライバル戦!

セキエイ高原ポケモンリーグ本部

 

バッジを確認するゲートの警備員

ポケモンリーグの本部の建物に入ると、ゲートの前を警備員さんが見張っている。ポケモンリーグに挑戦する資格の照明であるバッジをちゃんと持っているかを確認するために。

声をかけてバッジを見せるとすんなりと通してくれる。

グレーバッジを確認する警備員

それは たしかに グレーバッジ!
どうぞ とおって ください!

ニビシティでタケシを倒して手に入れたグレーバッジ。

まだ、リザードンがヒトカゲの頃、イワークをピカチュウの「なきごえ」で攻撃力を下げさせてゴリ押しで倒したんだった。懐かしす・・・。

タケシを倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記03:ヒトカゲとピカチュウでニビシティジムのタケシを攻略!!

 

 

ブルーバッジを確認する警備員

むむッ・・・・・・!
それは ブルー バッジ!

ゲートを通過して2人目の警備員さんに見せたのは、ブルーバッジ。カスミを倒してもらったバッジだ。

初代ポケモンの赤/緑では、最初にもらえるポケモンにヒトカゲを選んだ場合、タケシ、カスミを突破することが鬼門となる。初プレイ時に苦渋を舐めさせられ、今回もヒトカゲを選んだわけだが、今回は特に苦しむこともなくタケシ、カスミを突破出来たのは嬉しかった。

それにしてもカスミのポリシーには驚かされたぜ・・・。

カスミを倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記06:ハナダジムでカスミのポリシーをズタズタにする

 

 

オレンジバッジを確認する警備員

むむッ・・・・・・!
それは オレンジ バッジ!

さらに本部の奥へと進むと3人目の警備員さん発見!カタコトジムリーダーのマチスを倒した時にもらったオレンジバッジ。2重扉のジムのギミックが印象深いクチバジムだったけど、ジム戦の中では一番印象に残っていない。

たしかリザードでゴリ押しして勝ったんじゃなかったっけ?

たしかクチバにいた頃はパーティー編成で水ポケモンがいねえ!!みずてっぽう欲しい!!ってなってた時だったと思う。タケシ、カスミを切り抜け、ついにリザードにとって弱点の属性が相手ではなくなったジムだったからかあんまり覚えていないw

マチスを倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記10:コイキングの育成とクチバジム、マチス戦!!

 

 

レインボーバッジを確認する警備員

むむッ・・・・・・!
それは レインボー バッジ!

4人目の警備員さんに見せたのは、僕の求婚相手であるタマムシジムリーダー、エリカ様から頂戴したレインボーバッジ!!

タマムシジムはクチバジムとは打って変わって、印象深い。タマムシシティに行ってからは、やれることが一気に増えたし、タマムシデパートを筆頭にゲームコーナー、現在の手持ちのサンダース(イーブイ)の入手、ロケット団アジトでのサカキちゃんとの出会い、といくつかのイベントがあった。

そして何より、タマムシジムで我がパーティの対象であり、最も愛するリザードンが進化したこと。僕にとってはタマムシジムは聖地だ。

エリカ様を倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記17:リザードンへの進化とタマムシジムのエリカ様

 

 

ピンクバッジ

むむッ・・・・・・!
それは ピンク バッジ!

5つ目、セキチクジムの忍者、キョウからもらったピンクバッジを警備員さんに見せる。

セキチクでは欲しかったケンタロスをどうしてもゲット出来なかったことが悔やまれる。20回近くもサファリゾーンに入場して、草むらの草が剥げるほどに自転車で走り回ったのに3回しか遭遇出来ず、いずれもサファリボールをたった1回投げただけで逃亡されてしまった。

もうタマタマやコンパン、サイホーンは見たくない。

ってか全然ジムと関係ない話だった・・・。

キョウを倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記25:毒をもって毒を制せ!セキチクジムのキョウを攻略!

 

 

ゴールドバッジを確認する警備員

むむッ・・・・・・!
それは ゴールド バッジ!

6人目の警備員さんには、エスパー女王ことナツメからもらったゴールドバッジを。

ナツメのパッツンな髪型とエスパーというアイデンティティーから、勝手なイメージだけで悪女キャラだと思っていた僕の心に衝撃を与えることとなったヤマブキジム戦。

ちょうど、旅パーティーを6匹編成にして今のパーティーのメンツが固定化されたのがこの頃だ。ストーリー上のポケモンバトルで苦戦することがなくなり安定して進めるようになった。

初代ポケモンで最強のポケモンと言われているうちの1匹であるフーディンを、リザードンの「きりさく」一発で葬れたのは記憶に新しい。

ナツメを倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記34:エスパーとモノマネの街、ヤマブキジムのナツメを倒せ!

 

 

クリムゾンバッジを確認する警備員

むむッ・・・・・・!
それは クリムゾン バッジ!

6人目の警備員さんにはグレンジムでカツラから手に入れたクリムゾンバッジを見せる。てかクリムゾンってなんですか。調べてみたら「濃く明るい赤色」のことだそうで、別にレッドバッジでもよかったんじゃなかろうか。

そんなことはさておき、ここのジムのギミックがクイズに正解すればトレーナー戦を免除するというものだったのだけど、僕にはこのクイズでどうしても納得いかないことがあった。

 

キャタピーが進化したら

トランセルだから!!

 

大事なことなので、ここでもう一回言わせていただいた。

カツラを倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記35:クイズなんて関係ねえ!グレンジムのカツラをフルボッコ!

 

 

グリーンバッジを確認する警備員

むむッ・・・・・・!
それは グリーン バッジ!

そして最後の7人目は、トキワジムの出戻りジムリーダー、サカキちゃんからもらったグリーンバッジを。

初代ポケモンのストーリーを彩るロケット団のリーダー、サカキ。ベジータのようなMッパゲが特徴の堅気なオッサンで小学生の時の初プレイ時に、これが悪役のリーダーというものなのかと、僕の中に悪役像を植え付けたキャラクターであるものの、大人になって思う。

 

ぜんぜんコイツ、イイ奴じゃん

 

世の中にはもっと悪いヤツがいっぱいいる。

サカキちゃんを倒した時の日記:
【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記36:最後のジム戦!トキワジムでサカキとのガチンコバトル!

 

 

さて、ここまで書いてきて気づいた方はいるだろうか?

最初のポケモンリーグ本部のロビーでグレーバッジを見せてから、さらに奥の部屋に入ってここまで来たわけだけど、2人目の警備員さん以降、バッジを見せた時のセリフが全て同じことを。

これを見て僕は思うのである。

 

2人目以降の警備員さん、

同一人物なんじゃね?

 

ポケモンリーグ本部に入って、ここまで来るのに警備員さんにしか会っていない。他のトレーナーが1人や2人いてもいいのに・・・。

ということはここのポケモンリーグ本部に来る人間はそんなにいないということなのだろう。

であれば、「バッジを確認してトレーナーを通す」。たったこれだけの単純な仕事を、なにもバッジが7つあるからと言って7人がかりでやる必要はない。この警備員さんもポケモンリーグ本部からお給料を頂いてやっているのだろうから。

よって、ポケモンリーグでバッジを確認する警備員さんは2人で回していると僕は予想する。

グレーバッジを確認するロビーの警備員さんと、そのロビーから入ったチャンピオンロードへと繋がる大部屋の警備員さんの2人。後者はめちゃくちゃ大変だ。なんたってピンクバッジからグリーンバッジまでの6つを確認するのに途中で水上に居なければいけないんだから。

バッジを確認した後、主人公を追い抜き次のバッジを確認するポイントにまで向かわなければいけない。

 

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

 

てかさ、

1度に7つバッジを確認すればよくね?

 

 

チャンピオンロードに挑戦!

バッジ確認が7つ終わり、チャンピオンロードへとこれから入る。マサラタウンから出発してポケモンリーグまで長い旅路を超え、ついに最終ダンジョンだ。(ハナダの洞窟、発電所を除いて)

前回のライバル戦の時のライバルの強さから、チャンピオンロードはある程度の難易度になっているのではないかと思う。期待に胸が膨らむ。

チャンピオンロード入り口

ここは チャンピオン ロード
ゲート ・・・・・・ ポケモンリーグ

 

と、言いつつ実はライバル戦後にポケモンセンターで回復させるのを忘れて手持ちはこんな感じになっている。リザードンが瀕死寸前・・・。

ここまで来て引き返したくないので、このまま進む。この6匹ならたぶん大丈夫でしょう!うん、大丈夫!!

チャンピオンロード突入時の手持ちポケモン

 

中に入ってみるとオツキミヤマのBGMが流れ懐かしい気分になる。

ポケモンロード入場直後

 

チャンピオンロードのギミックは岩をスイッチの上に乗せて、塞がれた通路を通れるようにして進むというもの。岩の移動中に頻繁に野生ポケモンが出てくる。またしてもゴールドスプレー買ってくるのを忘れてた。いつも通り、出てくる野生ポケモンは全て倒して進む。

チャンピオンロードのギミック

 

頻繁に出てくるのは、イワークとゴローンとワンリキー。たまにズバット、イシツブテが出てくるようだ。

チャンピオンロードに出現するポケモン

 

そしてチャンピオンロードにはトレーナーたちも待ち構えている。さすがにチャンピオンロードのトレーナーたちが出してくるポケモンはレベルが高い。出してくるポケモンの平均レベルは40くらい。上手く弱点属性を突いてワンパンでスマートに倒すよう心掛けて突破する。

チャンピオンロードにいる女性エリートトレーナー

ふふ あたし じしん あるわよ
あなたの てに おえるかな?

 

はい、余裕で手に負えました

 

ライバル戦後の回復を忘れていたにも関わらず、割と簡単に2Fへと上がり、さらに奥へと進むと・・・

引き返す奴が多いんだと言われる

ここで へばって
ひきかえす やつも おおいぜ!

 

なにを言ってるんだ

こんなところで引き返せるか

 

こちとら無駄に長かった警備員ロードを超えてやってきたんだ。ここで引き返したらまたトキワシティから進めなきゃいけないだろう。

このままチャンピオンロードを突っ切ってやるよ。余計なお世話だ!

そう思ってこのNPCのそばに置いてあったアイテムを拾おうとしたところ

チャンピオンロードでもちものがいっぱい!

もちものが いっぱい!

 

僕はすぐさま

「あなぬけのひも」を使った

 

 

(つづく)

次回日記:【new3DS】VCポケモン赤プレイ日記39:伝説の鳥ポケモン、ファイヤー!イチかバチかの捕獲劇!

 - ニンテンドー3DS

スポンサーリンク


1番上へ