*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

引っ越し後のネット契約、通信速度が速くて安いUQ WiMAX(W04)のモバイル回線を契約してみた

   

今月8月に引っ越しをしました。引っ越しの荷物の片づけに明け暮れて、完全にネット契約を忘れるというチョンボをしてしまいiPhoneのテザリングで凌いできましたが、ゲームのネット対戦(スプラトゥーン2)で1ヶ月のデータ通信容量を使い切ってしまい、速度制限を喰らってしまいました。

ネットがないと僕は死んでしまうので、ネットの契約をしなければいけません。ってことで自宅のネット回線をどうしようか悩み、結果モバイル回線のUQ WiMAXを契約しました。

UQ WiMAXのようなモバイル回線は固定回線よりも料金が安いし、外にも持ち出して使えます。

元々前職で携帯電話の販売員をしていた時にWiMAXのデータ通信端末を使っていて、エリアにさえ対応していればめちゃんこ通信速度が速いっていうのは知っていました。

しかしながら、モバイル回線ならではの注意点もあり・・・。

 

実際に使い始めてから2週間、UQ WiMAXの使い勝手に満足しています。今回はUQ WiMAXを契約するまでに調べたこと、考えたことをまとめてみたいと思います。

UQ WiMAXを導入した我が家のワンシーン

 

固定回線かモバイル回線か?ネットを使う上での僕の必要条件

引っ越し前の我が家のインターネット環境は、固定回線の auひかり(ホームタイプ) を使っていました。auひかりはサポートもしっかりしているし、なにより通信速度が速く何の不満もありませんでした。プロバイダもコミコミで料金もフレッツ光よりわかりやすいので、固定回線を契約するなら僕はauひかりを契約していたことでしょう。



しかしながら、今回は月々の料金と外でも使えるという2つの点を取って、UQ WiMAXを契約することにしました。ネットのような固定費は引っ越しした時に安くする大チャンスなのでね・・・。

そして、僕がネットを使う上での必要条件は以下の通り。

 

パソコン

ネットサーフィンが快適に出来て、動画も待たされることなく快適に見れること。またブログを書くときに画像ファイルをアップロードするのに支障をきたさないこと。

 

 

Amazon Fire TV(プライムビデオ、Hulu)

Amazonプライム会員であれば無料で映画やドラマ、アニメが見放題の動画ストリーミングサービス。AmazonプライムビデオのほかにもHuluを契約している。海外ドラマのスーパーガールに今ハマッてます。寝る前に1本観るのが今の僕にとっての最高の癒しタイム。

このプライムビデオとHuluの動画が快適に観れること。もっと具体的に言うと、動画の再生中に動画が荒れたり、止まったりしないこと。スーパーガールの表情が鮮明に観れること。

 

 

ニンテンドースイッチ(スプラトゥーン2のネット対戦)

そしてiPhoneのテザリングで速度規制されてしまった大きな要因となったニンテンドースイッチ「スプラトゥーン2」のネット対戦。このネット対戦が遅延なく快適にプレイできること。

UQ WiMAXでスプラトゥーン2

 

これらの条件を満たしてくれるのであれば、別に固定回線でなくてもモバイル回線のUQ WiMAXでもいい。で、調べてみると僕の住んでる場所は440Mbps対応エリアだと判明。これは買うしかない!ってことで契約することにしました。

現在、主に上記3つの機器で使用していますが、特に不自由なく快適に使えています。

 

 

UQ WiMAXを契約する時の注意点

固定回線より料金が安くなり、外に持ち出して使うことが出来るUQ WiMAXですが、いくつか注意点があります。購入する前に必ず認識しておく必要があるものを書き出しておきます。

 

エリアに対応しているか?

まず第一に重要なのは、使う場所がUQ WiMAXのエリアに対応しているかどうか?

エリアに対応していなければネット繋がりませんからね。圏外ってことです。エリアに対応しているかどうかはUQ WiMAXの公式サイトで確認することが出来ます。

契約する前には必ず、確認しておくべきです。

UQ WiMAXのエリア確認は公式サイトから

ピンポイントエリア判定で番地まで入力して〇、△、✕で簡単に判定結果を見ることができます。

UQ WiMAX ピンポイントエリア判定結果

 

 

3日間で10GB以上使うと通信速度制限

UQ WiMAXの通信速度制限についてですが、ちょっと複雑です。わかってしまえば簡単なことなんですけど、僕は飲み込むのに少し時間がかかりました。バカですね。

通信速度制限の内容は、

“UQ WiMAXは直近3日間連続のデータ通信量が10GBを越えると、翌日の18時から翌深夜2時までに通信速度制限がかけられてしまう”

というものです。

通信速度制限がかかると、送受信の通信速度がおよそ1Mbpsになってしまいます。公式サイトにはYouTubeの動画(画質が標準)を見れる程度の速度と書かれていますね。

YouTube動画が見れるのであれば、Webサイトも普通に見れるんじゃないかと思いますが、恐らく体感でわかるほど通信速度が遅くなると思われます。

 

 

データ通信端末の選択

現時点(2017年8月)で選択出来るUQ WiMAXのWi-Fiルーターは以下の3つ。

 

・Speed Wi-Fi NEXT W04(WiMAX2、au 4G LTE対応)
・Speed Wi-Fi NEXT WX03(WiMAX2対応)

・Speed Wi-Fi HOME L01(WiMAX2、au 4G LTE対応)

 

この中で僕が購入したのは1番上の「Speed Wi-Fi NEXT W04」だ。これはもう選択の余地はなかった。自宅以外でも外でも使いたいので、万が一WiMAX2のエリア外の時には au のLTE回線が使用できるW04の方が良いに決まってる。

そして「HOME L01」は完全に自宅で使う用のWi-Fiルーター。バッテリーではなくコンセントに繋いで使うという時点で論外となります。自宅用の為、W04、WX03よりも大きいです。

もしも自宅でUQ WiMAXを使いたいんだ!!というのであれば煩わしい充電を考えないで使えるというメリットがあるので、「HOME L01」を選んでも良いと思います。かなり需要は少ないと思いますが(笑)

WX03の接続通信時間(バッテリーの持ち)が約12時間なのに対して、W04は約10時間ではあるものの、カバーできるエリアの広さと新しい端末であるということを考慮してW04を選びました。

Speed Wi-Fi NEXT W04の写真

 

契約には基本クレジットカードが必要

UQ WiMAXの契約には基本的にクレジットカードが必要になります。

ネットでUQ WiMAXを申し込む際にクレジットカード番号を入力して申し込みます。UQ コミュニケーションズBIGLOBEをプロバイダに選ぶ場合は、口座振替で申し込むことも出来るようですが、今やほとんどのプロバイダはクレジットカードでの申込が必要になっています。

奥の手としてデビッドカードを使う方法もありますが、プロバイダによってはデビットカードを受け付けていないところもあります。また、デビットカードの種類によっても申し込み不可だったりもするので、やはりクレジットカードを持っておいた方が確実です。

 

 

プロバイダ選び

僕がUQ WiMAXを契約しようとした時に、プロバイダの存在を知りました。モバイル回線のUQ WiMAXも固定回線と同じくプロバイダを選ぶ必要があります。

プロバイダを選ぶことにより何が変わるのか?

ネットを使う上での通信速度やエリアは変わりません。どれを選んでも同じです。変わるのは、月々の利用料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容、それから申し込みから利用開始になるまでの期間です。

 

キャッシュバックなどのキャンペーンについてはその時の期間によって変動するので、ここに書いても頻繁に変わることが予想されるため割愛します。

ただ、2017年8月時点で一番キャッシュバックが多く、とにかく安く使いたい、払うお金を最小限にしたいという人は GMOとくとくBB がオススメです。



GMOとくとくBBのキャッシュバックで注意が必要なのが、契約後11ヶ月目にキャッシュバックの申し込みをしないとキャッシュバックがもらえないということ。ちょうど忘れたころに申込期間が来るというところがなんとも意地悪に感じますが、少しでも安く使いたい。利用料金に払うお金を少しでも減らしたいのであればオススメのプロバイダです。

 

また利用料金は気にしない。とにかく早く即日使えるようにしたいという場合は、ヨドバシカメラやビッグカメラなどの家電量販店の店頭で申し込みをすると良いです。即日開通以外にも詳しいサービス内容や注意点を口頭で説明してくれるので、UQ WiMAXを使いたいけどよくわからないという方は家電量販店での契約をオススメします。

 

 

UQ WiMAXを実際に2週間使ってみて・・・

現在、パソコン、Amazon Fire TV、ニンテンドースイッチで使っていますが、エリアに対応しているので十分に通信速度が速く、快適にネットが出来ています。

クレードルも一緒に注文したので、自宅で使う時はクレードルに挿しっぱなし。外に出かける時はクレードルから取り外してバッテリーで使うといった具合です。外で使ったとしても、それほど長時間使うこともなく(だいたい3時間くらいしか使わない)、バッテリー切れになることもありません。

昔と比べて対応エリアも広がっているため、au LTE回線を使うことなくWiMAXだけで運用出来ています。

今のところは、特に不満もなく快適に使えています。今後、ガンガン使い倒していきたいと思います。

 

 - UQ WiMAX

スポンサーリンク


1番上へ