*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

半月使って感じたiPhone6の良いところと良くないところ

      2016/05/04

iPhone6を使い始めて半月が経った。
基本的に満足しています。
が、やっぱりこの世に万能なものなどない。
人間と同じく、長所もあれば短所もある。
と、いうことで、僕の感じたiPhoneの長所、短所を挙げてみる。

 

良いところ

ホーム画面に置けるアイコン数が増えている

iPhone5は横4×縦5、合計20個のアプリを1ページに表示出来るが、
iPhone6は1列増えて、横4×縦6、合計24個も1ページに置ける。
そりゃあ画面大きくなったんだから当然でしょと思うんだけど、
地味に嬉しい。

20150705_iphone5-6_icon

1ページにアプリ置ききれないよ!という場合は、
フォルダ作って、似たアプリをアイコン1つ分にまとめればいいんだけど、
知っててもなかなかやらないズボラな僕です。

 

Touch IDがすごく楽

iPhone6の初期設定でTouch IDを設定して使える
指紋認証機能。
iPhone5Sからの機能だったので、
iPhone5持ちの僕には初めてのエクスペリエンス。
まじ舐めてた。めっちゃ便利です。

20150705_iphone6_touchid
今のところ、Touch IDで便利に感じるのは、
App Storeでアプリのインストールを行うとき。
いちいちQWERTYキーのちっちゃいボタンをタップして
打っていたパスワードを打たなくていいのが本当に快適。
初期設定の指紋登録時に何度も指紋を読み込ませるためか、
軽くホームボタンに触れただけですぐに読み取ってくれる。
どんな仕組みになってんだろ?

Touch IDはアプリインストール時以外にもロック画面解除でも使えます。
ロック画面解除では僕はあんまり使わない。

関連記事:iPhoneのロック解除はTouch ID派?パスコード派?便利なのがどっちだ

 

電池の持ちが良くなった

当たり前だけど、電池の持ちが良くなった。
今まで毎日iPhone5を充電していたけど、
2日に1回の充電で済むようになった。
単純にiPhone5の電池が劣化したからだろうと思っていたので
念のため、Apple公式ページを見に行ったら、
“これまでより長持ちします”との事。
さすがだぜ、アップル。

iPhone6 – 技術仕様
iPhone5 – 技術仕様

オーディオ再生、ビデオ再生、ネット利用(Wi-Fi、LTE、3G)、
通話時間、連続待ち受け時間の全ての項目が
iPhone5よりも良くなっているのを確認した。
すごいぜ、アップル。

 

良くないところ

片手で操作しにくい

iPhone4sからiPhone5に機種変更した時に、縦に大きくなった。
最初戸惑ったが、1週間も経てば慣れた。
iPhone5からiPhone6に機種変更したら、縦も横も大きくなった。
最初と惑ったが、半月経っても慣れません!!!

すんなり慣れるかと思っていたのにこれは誤算だった。
確かに片手で操作出来なくはない大きさで、
画面の端まで指を届かせようと思えばギリギリ届く。
ただ、親指を画面の上部の端っこを押すには、
手のひらを少し滑らせて若干浅くiPhone6を持ち
右親指を思いきり伸ばさなければいけない。
何が言いたいかと言うと、画面端をタップするには
不安定な持ち方になってしまう事があるということ。
これが結構落としそうになる。
落として壊すのだけは絶対に拒否!断固拒否!なので、
最近では危ないと思ったら両手で操作するようにしている。

 

電源ボタンの位置が良くない

iPhone6を初めて見て「おっ!」と思ったのが、
電源ボタンの位置が上部から右側面に移動していたこと。
実際に使ってみて、困った。
なんと電源ボタンと同じ高さの左側面にボリュームボタンがあるやないか。
画面消そ。
と、思って電源ボタンを押したら、同時にボリュームボタンも押してしまう。
別に間違えて押したからといって、大した事はないが気持ちは良くない。

 

電源ボタンがなんで右側面に来たかは予想が付く。
簡易アクセス機能を付けるくらいだから、
片手操作する人を想定してのことだろう。

しかし、僕は最悪両手で操作する事への覚悟が出来たのだから
思い切ってこれまで通り上部に電源ボタンを付けてほしかった。

 

文字入力で左右移動キーがない

文章書き進めている時、途中に誤字脱字があり書き直したい時がある。
例えば、

“お酒弱いので、おっぱいだけいただきます”

本当は”いっぱい”と書いて変換するつもりだったのに!!となる。
これを直すのがiPhoneだと結構しんどい。
入力欄をタッチしたまま修正箇所の文字に合わせるのだが、
結構な確率で直したい文字の位置からずれる。

20150705_iphone6_keyboard
僕が不器用過ぎるからという疑いも大いにあり得るが、
正直、Androidのキーボードみたいに
左右に1文字ずつ移動できるボタンを
キーボードに付けてくれればいいのにと思う。

 

まとめ

以上、長所、短所をそれぞれ3つずつ取り上げてみた。
なんだかんだ言って、iPhone6は画面が綺麗、写真が綺麗。
サイズは大きくなって、
確かに操作性は下がった感が否めない(個人的に)が
半月使って愛着もあるので大切にしていきたい。

 - iPhone

スポンサーリンク


1番上へ