*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

公式より使いやすい!iPhoneでアクセス解析するなら『AnalyticsPM』がオススメ!

   

ブログのアクセス解析をするのにGoogle Analyticsを使っています。というか、むしろブロガーでアクセス解析するのにAnalytics使ってない人はいないんじゃないかと思いいます。

今まで出先ではiPhoneからGoogle公式のAnalyticsアプリを使っていました。特に不自由なく使っていたのですが、最近のアップデートがありました。

アップデートで見れる情報が多くなったのは良かったんだけど、その分煩わしくなった!!!しかも今まで見れていた1日の内に各ページどれだけアクセスがあったのかのランキングが上位5位までしか見れなくなりました。このランキングが僕の楽しみでもあったのに!!

ってことで、AppStoreで他のAnalyticsアプリを探していたら、めっちゃ良いのがあったので紹介します。

 

その名は『AnalyticsPM』

AppStoreで「Analytics」で検索すれば出てきます。

AnalyticsPMのアイコン

無料アプリで広告表示がありますが、インストール後に設定から課金することで広告を非表示に出来ます。僕は特に不自由なく使えているので、無料で使っています。

インストールしたらAnalyticsPMを立ち上げて公式のAnalyticsアプリと同じようにGoogleアカウントにログインするだけで簡単に使えるようになります。

20160605_analyticspm01

 

Googleアカウントにログインするとこのような画面になります。現在サイトにアクセスしている人数のわかるリアルタイム、今日1日のセッション、アクティブユーザー、ページビュー数、ページ/セッション、それぞれの数値が一目で確認できます。

また、下にいくとキーワード、参照元、各記事のページビューも確認できます。ページビューはGoogle公式のAnalyticsだとURL表示でしたが、AnalyticsPMだと記事タイトルで表示されています。記事に関してはURLだけでもわかるよう慎重にパーマリンク設定をしていますが、僕はこちらの方がわかりやすくて好み。

画面の一番したに広告が表示されます。

AnalyticsPMのすべてのウェブサイトのデータ画面

(※アナリティクスの規約を考慮して、数値に関しては伏せています)

 

『AnalyticsPM』の良いところ

Google公式のAnalyticsアプリと比較して、『AnalyticsPM』の良いところを以下に挙げます。

1日の全てページビューのアクセス数が確認できる

以下の赤枠の部分をタップすると、今日1日にどのページに何回アクセスされたのかすべてのページのアクセス数を確認できます。公式アプリでは出来なかった非常に嬉しい機能です。どのページに何回アクセスがあるかわかれば、次にどんな記事を書こうか参考になります。

AnalyticsPMのページビューを確認する

 

ただ、一つ難点があるとするならば、下の方へスクロールして人気のない記事タイトルを見ることで悲しい気分になってしまうところ。また、自分のブログの記事投稿数を把握していた場合、その数よりも少ないということはまったく読まれていないアクセス0のページがあるということ。これもこれで悲しい気分になります。

 

ページビューはURLではなく記事のタイトルを表示

上述しましたが、ページビューはURLではなく記事のタイトルで表示されます。URLだとパーマリンクの設定をきちんとしてないとどの記事にアクセスしたかが把握できません。ブログを始めたばかりの初心者の方だと、URLなにそれ?という方もいるかもしれません。そんな人でもAnalyticsPMならどのページにアクセスがあったか確認ができますね。

URLよりもこっちの方がわかりやすいので僕は好きです。

 

1日の全てのキーワードと件数が確認できる

以下の赤枠の部分をタップすると、今日1日にどんなキーワードでアクセスされたのかが一覧表示されます。なんとすべてのキーワードをiPhoneから確認できます。これもページビューと同じく、次に書く記事、どんな記事タイトルを付ければよいのかの参考になります。

AnalyticsPMでキーワードを確認

 

1年分のデータを確認できる

デフォルトだと今日1日のデータが見れるよう表示されますが、画面上部の時計のアイコンをタップすると、「今日」以外にも「昨日」、「7日」、「30日」、「90日」、「180日」、「1年」と過去分のアクセス数、キーワード、ページビューを確認することが出来ます。今までパソコンからAnalyticsページを開いて確認していたものをなんとiPhoneで出来るようになったのは超嬉しい!

AnalyticsPMで過去のアクセス解析を行う

 

『AnalyticsPM』の惜しいところ

一方、公式アプリと比較してAnalyticsPMに出来ないこともあります。その中でも特に僕が一番困っているのが以下のこと。

リアルタイムのアクセスページが確認できない

そう、なんとAnalyticsPMはリアルタイムのアクセス数を表示してくれているにも関わらず、今現在どのページが見られているのかは確認が出来ません。

ただ、リアルタイムのアクセスページは確認が出来ないものの、ある程度時間が経てばページビューにカウントされてしまうので、そこまで気にすることでもないかなと思っています。

どうしても見たい場合、僕は公式アプリの方で確認しますが、特にリアルタイムのアクセスページを確認することにメリットを感じなくなってきたので最近はあまり公式アプリを開かなくなってしまいました。

 

最後に

ブログをやっている以上、多くの人にブログを読んでもらいたい。

そう考えているのであればアクセス解析は必須です。今まで書いてきた記事でどの記事にアクセスが集まるのか?どの記事がまったく読まれていないのか?それがわかることで次の手を考える事ができます。

今回紹介したAnalyticsPMは、アクセス解析をする時に非常に強力な助けとなってくれます。iPhoneアプリなのでパソコンが使えない時でも手軽にどこでも確認が出来るのも嬉しいところです。

そしてなにより、公式アプリよりも情報がわかりやすいというところが1番のおすすめポイントです。

 - iPhoneアプリ, ブログ運営

スポンサーリンク


1番上へ