*

大好きなガジェット、ゲーム、写真、映画、ブログ運営などの情報をお届けする、くねおのライフログブログ

MacBook Proと水筒を一緒に持ち運べる、ノートPC収納部分独立のTIMBUK2 バックパックを購入!

      2016/05/04

以前からずっと使っていたTurgus(ターガス)のリュックの肩の部分がだんだんとほつれてきました。

デザイン、色が気に入って機能的にも満足、特に不満もなく3年間愛用していたのですが、やはり長く使っていると少しずつガタが来てしまうもの・・・。

正直言って、今回もターガスのまったく同じものを購入しようと思っていたのですが、なんだかんだで他のリュックも気になってしまい、いつのまにか機能面で細かい要望が出てきてしまいました。

TIMBUK2バックパック記事のアイキャッチ画像

 

結果的にはTIMBUK2のバックパックを買うに至ったのですが、それまでの過程と1ヶ月ほど使っての感想を書いてみたいと思います。

 

ターガスのリュックサック

こちらが3年間仕事にもプライベートにも愛用していたTargusの14 inch Terminal Exp Backpack。

頑丈で、クッション性も高く、また結構たくさん荷物が入れれます。

ターガスの14インチPC用リュックサック写真

 

メインの収納部分にノートPCが入れれるポケットが付いています。
リュックの底はちょっち薄目ですがクッションが入っているのも買う時に目を付けたポイント。また、このリュックの機能でお世話になったのが、収納量を拡張出来たことです。これのおかげで一泊くらい旅行であれば、衣類を入れても、このリュックにひとまとめにして持ち運んでいました。
サイドポケットは外側に2つあります。

ターガス14インチPC用リュックサックのポケット写真

 

しかしながら、3年も使っていると、肩紐の部分がこんな風にほつれてきちゃいました。気に入ってたのになあ・・・。ほつれが結構深いところまで達してきたので、そろそろ新しいリュックを買うかーっとなりました。

ターガスの14インチPC用リュックサックの紐がほつれた写真

 

こんなリュックがいい

新しいリュックを買おうと決めて、さっそくAmazonで品定めしてい以下の要望が出てきました。

ノートPCと水筒を入れれるリュック

出先で缶コーヒーをよく買うのですが、少しでも節約したいと思い、サーモスのケータイマグを買いました。

このケータイマグも一緒に持ち歩けるリュックサックが欲しい!

で、ケータイマグとノートPCを一緒に持ち歩くときの懸念が、ケータイマグの水漏れです。
きちんと蓋を締めれば、漏れることはないと思いますが、万が一漏れたらノートPCがおシャカになりますからね。

そこで、もう一つ要望が出てきます。

ノートPCの収納部分が独立しているものが良い!

万が一水漏れしても被害を食い止めることが出来ると考えたノートPC収納部分の独立型リュック。

こうなると、結構選択肢がかなり限られます。

残念ながら、僕の愛するターガスのリュックにはこの条件のリュックがありませんでした。
リュックの側面にある網目のサイドポケットにケータイマグを入れるということも考えたのですが、実際に使う時、剥き出しでケータイマグが入っているのはちょっとカッコ悪い。それに落としそうですしね。

ということで、行きついたリュックサックがTIMBUK2 バッグパック Showdown Laptop Backpack OS ショウダウンラップトップバックパックです。

 

TIMBUK2バックパックを使ってみて

先月購入した、TIMBUK2 バッグパック Showdown Laptop Backpack OS ショウダウンラップトップバックパック

TIMBUK2 バッグパック Showdown Laptop Backpack OS ショウダウンラップトップバックパックの写真

 

使ってみて、大満足!

 

TIMBUK2の収納口

TIMBUK2バックパックの収納口写真

肩紐の部分、上からノートPCの収納部分、メインの収納部分、ポケットと並んでいます。

ノートPC収納口はメイン収納部分と違って、右側に半分ほど開くようになっており、出し入れの時に落下のリスクを抑えるためだと思われます。またクッションんが全面に入っていて素材が柔らかくなっています。

だいたいいつも持ち運んでいるのが、MacBook Pro 13インチ、MacBook Pro 13インチのACアダプター、iPhoneの充電器、RICOH GR2、PSP Vita、B5サイズの書籍、A4のクリアファイル(仕事で使う書類)、他小物たち。

上で紹介したターガスのリュックよりは収納量が減りますが、それでも、そこそこの量は入ってくれます。さすがに衣類などを入れての旅行は厳しい感じです。

 

ノートPC収納独立部分

ノートPC収納部分は、上述したように前面にクッションと、底の部分が少しだけ浮くように作られているのでリュックを床に置いた時の衝撃が伝わらないようになっています。

出し入れの際の落下防止、耐衝撃に優れていて、持ち運びの時に安心感があります。

サイズはMacBookPro 13インチが余裕で入ります。
MacBook Pro(13-inch, Early 2015)を購入!12-inchと悩み抜いてProを選んだ理由

14インチのThinkPad Edge E430cも余裕で入ります。
ThinkPadのキーボードはやはり1番使いやすい!E430cの魅力とWindows10での使用感

14インチまでのノートPCであれば十分入るサイズです。

TIMBUK2バックパックのノートPC収納部分の写真

 

ケータイマグ収納部分

外側の縦長のポケットにケータイマグが入ります。
水漏れが怖いので、念には念を入れて、ジップロックをポケットに敷いて入れるようにしています。

TIMBUK2バックパックのケータイマグ収納部分の写真

 

メイン収納部分

メインの収納部分にだいたいいつも入れているのが、RICOH GR2、PSP Vita、B5サイズの書籍、A4のクリアファイル(仕事で使う書類)です。

TIMBUK2バックパックのメイン収納部分の写真

 

ポケット

ポケットの数は3つ。ケータイマグを入れた縦長のポケットと、その半分のサイズのポケットが2つ。MacBook Pro 13インチのACアダプター、PS Vitaの充電器を入れています。MacBookのACアダプターを入れているポケットには、ノートPC独立収納部分と同じ柔らかい素材でクッションが入っています。

TIMBUK2バックパックのポケット部分の写真

 

肩紐部分

肩紐の部分は結構薄い印象です。ターガスのリュックはここの肩紐部分がしっかりしていて、背負った時の安心感が最高に良かったのですが、TIMBUK2バックパックはそこらへんが少し弱い感じがします。

ただ、肩紐のサイズをきちんと調整しておけば、しっかりと体にフィットしてくれて、入れていた荷物の重さが嘘のように軽く感じます。これはいったいどういう仕組みなのかわかりませんが、ものすごく軽く感じます。

TIMBUK2バックパックの肩紐の写真

 

まとめ

いかがでしたか?

僕の買ったTIMBUK2バックパックは、ノートPCと水筒を一緒に持ち運ぶ節約志向の強い方におすすめのリュックサックです。

ノートPCに対するクッション性も良し!適度なポケット数で小物も入る!そして、軽い!

3拍子揃ったTIMBUK2バックパックは出掛ける時は常に背負っていきたくなる、今年出会えた最高の相棒です。

 

 - Mac ,

スポンサーリンク


1番上へ